ページトップ

環境科学部門

一般検査業務

  大気環境中のベンゼンやクロムなど有害汚染物質の検査、硫化水素やアンモニアなどの悪臭物質の検査を行っています。また、河川や海などの水質検査も行っています。
  このほかに、粉じんなどの苦情や魚へい死事故などに際し、その原因調査を行っています。また、環境省の委託を受け、法律で規制されていない化学物質の汚染実態調査を行っています。

ガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)による揮発性有機物質の分析
ガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)による揮発性有機物質の分析
電子顕微鏡(走査型)を用いた粉じんの形態観察
電子顕微鏡(走査型)を用いた粉じんの形態観察
高周波誘導結合プラズマ質量分析計(ICP-MS)による重金属分析
高周波誘導結合プラズマ質量分析計(ICP-MS)による重金属分析

調査研究業務

  近年全国的な上昇傾向が問題となっている光化学オキシダントの発生原因調査や、市内の大気や河川水中の化学物質調査、洞海湾の付着動物調査など、大気や水環境に関する調査研究を行っています。

洞海湾での試料採取風景
洞海湾での試料採取風景
ガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)による化学物質一斉分析
ガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)による化学物質一斉分析

このページの作成者

保健福祉局保健環境研究所
〒804-0082 北九州市戸畑区新池一丁目2番1号
電話:093-882-0333 FAX:093-871-2535

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。