ページトップ

平成23年度 調査研究の概要

  調査研究テーマ 概要 共同研究機関 期間
環境部門 1 北九州市内の粉じん形状及び重金属等の含有量調査 粉じん苦情に対処するため、電子顕微鏡による形状や重金属含有量等を調査し、バックグラウンドデータを整備する。   平成19~平成24年度
2 揮発性有機化合物(VOCs)の環境中濃度とPRTR排出量を用いたリスク評価 平成20年から測定した市内大気中のVOC濃度とPRTR排出量を用いてリスク評価を行い、環境リスク削減の一助とする。   平成23~平成24年度
3 大気中微小粒子状物質(PM2.5)の調査 直径2.5μm以下の微小粒子(PM2.5)の環境基準が設定されたため、市内におけるPM2.5の実態を調査する。さらに、PM2.5に含まれる重金属やイオン類などの化学組成を調査する。   平成21~平成23年度
4 大気中の化学物質一斉分析調査 環境大気中の化学物質について本市の実態を把握し対策のための基礎データとする。また、試料採取及び一斉分析技術を確立する。   平成21~平成23年度
5 化学物質環境実態調査 環境汚染の危険性があると推定される化学物質について汚染実態を調査し、環境リスク評価のためのデータを蓄積する。 (環境省受託) 平成23年度
6 PM2.5と光化学オキシダントの実態解明と発生源寄与評価に関する研究 PM2.5と光化学オキシダントは発生機構が複雑なため、全国レベルで測定法の検討やデータ解析を行い、共同で研究を行う。 国立環境研究所(2型研究)
九州の2型参加機関、
福岡県保環研、福岡市保環研
平成22~平成24年度
7 洞海湾における付着動物実態調査 環境変化の指標である生物相を調査し、過去のデータと比較して水質改善を科学的に評価する。生物指標としての付着動物の応用を検討する。 (三井物産環境基金研究助成事業) 平成22~平成24年度
8 市内河川中の化学物質実態調査 GC/MS一斉分析法を用いて、市内河川の汚染レベルを把握する。   平成23~平成25年度
衛生化学部門 9 食品中の残留農薬等試験法の研究 食品中の全農薬について、一斉分析法を確立する。農薬混入など高濃度残留の試験法を開発し、緊急対応に備える。   平成19~平成24年度
10 加工食品とその原材料の残留農薬分析法の研究 加工食品から農薬が検出された場合の原材料での食品衛生法上の規格適合性を検証する。地方衛生研究所による共同研究。 大阪府、岩手県、新潟県、愛知県、奈良県、徳島県、神戸市、広島市 平成23~平成24年度
11 血中PCBの分析法に関する研究  カネミ油症患者の血中PCB測定について、これまでのGC-ECDからGC-MS/MSに変更することから、その分析法を確立する。   平成23~平成24年度
12 残留農薬に関するポジティブリスト制度導入に係る新規分析法開発・検証 食品中に残留する農薬等の試験法について妥当性を評価するとともに、職員の農薬分析技術の向上を図る。 (厚生労働省受託) 平成23年度
13 食品中残留農薬に関する一日摂取量実態調査 日常の食事により摂取する農薬等の量を把握することにより、市民の食の安全安心に資する。 (厚生労働省受託) 平成23年度
微生物部門 14 PCR法を用いた細菌性食中毒検査の迅速化に関する研究 PCR法による病原遺伝子の直接検出を試み、培養法との整合性を調べ、食中毒検査へのPCR法活用の進展を図る。   平成20~平成23年度
15 食品由来感染症調査における分子疫学手法に関する研究 病原体の感染源・感染経路の解明方法のひとつ。病原体遺伝子の特徴を調査し、感染予防や食品汚染防止に役立てる。国、九州各県との共同研究。 国立感染症研究所、九州地区地方衛生研究所(12機関)、宮崎大学 平成21~平成23年度
16 市中における人および畜水産物由来の多剤薬剤耐性菌の調査 近年、大腸菌や肺炎桿菌等の多剤耐性菌が報告されており、本市における動向を調査する。   平成23~平成25年度

このページの作成者

保健福祉局保健環境研究所
〒804-0082 北九州市戸畑区新池一丁目2番1号
電話:093-882-0333 FAX:093-871-2535

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。