ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 福祉・人権 > 障害者支援 > 移動支援事業(グループ型)の実施について

移動支援事業(グループ型)の実施について

 1人のガイドヘルパーが1人の利用者を支援する「個別型」に加え、一定の要件のもとで安全の確保を図りながら、1人のガイドヘルパーが複数の利用者を支援する「グループ型」を実施します。
※なお、移動支援事業としての対象者の要件(重度の障害者)や対象となる外出(社会生活上必要不可欠な外出など)については今までと変わりませんので、ご注意ください。

要件

※グループ型の始点から終点まで連続して、下記要件を満たす必要があります。

  1. グループ型の派遣となるガイドヘルパーに、利用者全員に対する「個別型での派遣経験」が必要
    複数の利用者を支援するためには、個々の障害特性の把握が必要であるため、グループ型の派遣となるガイドヘルパーに、利用者全員に対する「個別型での派遣経験」が必要です。
     
  2. ガイドヘルパー1人当たりが対応できる利用者の人数は「3人未満」
    ガイドヘルパー1人で対応できる人数には限界があります。安全に利用できるよう、ガイドヘルパー1人当たりが対応できる利用者の人数は「3人未満」とします。
     
  3. ガイドヘルパー「2人からの派遣」
    利用者の体調不良や事故など、1人の利用者に専念しなければならない緊急時に、ガイドヘルパー1人では他の利用者への対応ができなくなる恐れがありますので、ガイドヘルパー「2人からの派遣」とします。

開始時期

平成29年4月1日
※利用方法として「個別型」と「グループ型」があるだけであって、別途グループ型の支給決定はありません。既存の支給決定の中で利用できます。

留意事項

  • ガイドヘルパー間の連携や責任の所在の明確化等から、報酬の対象となる同一のグループに対しては、同じ事業者からガイドヘルパーを派遣することとします。
  • グループ型の派遣には安全の確保が重要です。「利用者の障害特性や心身等の状況」、「派遣されるガイドヘルパーの技能」、「ガイドヘルパー1人当たりの利用者の数」、「目的地」などから、事業者が安全な外出ができると判断する場合に限り実施します。従って、必ずグループ型の派遣が実施できる訳ではありません。
  • 今回の整理は移動支援事業に係るものであって、他の移動サービスに係るものではありませんので、ご注意ください。

その他参考資料

 「啓発用のチラシ」と「グループ型に係るQ&A」をまとめています。
 また、事業者が作成する「派遣計画書」及び「派遣実績記録」の雛型(記入例含む)を示していますので、参考にしてください。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局障害福祉部障害福祉企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2453 FAX:093-582-2425

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。