ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > リハビリテーション > 地域リハビリテーションケース会議

地域リハビリテーションケース会議

 障害のある人や高齢者等が住みなれた地域での生活を継続できるように、ケース支援を通して、保健・医療・福祉・介護の関係者間の連携方法や地域リハビリテーション情報を学ぶことができる研修会を開催しています。

対象者

 医師、歯科医師、保健師、看護師、リハビリテーション専門職、ケアマネジャー、ソーシャルワーカー、ホームヘルパーなど、障害のある人や高齢者の支援に関わる保健・医療・福祉・介護の関係者等どなたでも参加できます。

平成27年度の開催状況
開催日 テーマ 場所 参加者数
平成27年6月23日 第37回地域リハビリテーションケース会議
「その人らしい暮らしを再構築する支援」(PDF形式:3,408KB)
男女共同参画センター(ムーブ)
大セミナールーム
181名
平成27年11月26日 第38回地域リハビリテーションケース会議
「地域生活の継続を目指した多職種連携」(PDF形式:7,163KB)
総合保健福祉センター
(アシスト21) 講堂 
158名
平成28年2月16日 地域リハビリテーションケース会議特別セミナー
「その人らしい暮らしを支援する地域活動 介護予防と社会参加に着目して」(PDF形式:6,938KB)

ウェル戸畑
中ホール

235名
会議での意見交換会の風景
ケース会議意見交換風景
特別セミナーでの意見交換風景
特別セミナー意見交換風景

次回案内

〈平成29年度地域リハビリテーション特別セミナー〉

日時:平成29年12月14日(木曜日) 18時00分~20時00分
場所:ウェルとばた 中ホール

内容:
 (1)講演「(仮)自治体における地域リハビリテーションの推進と法人における地域づくりの取り組み」
     講師:斉藤正身氏(医師)(全国デイ・ケア協会会長/日本リハビリテーション病院・施設協会副会長/埼玉県地域リハビリテーション推進協議会会長/医療法人真正会理事長)
     座長:浜村明徳氏(医師)(小倉リハビリテーション病院名誉院長)

 (2)座談会「地域包括ケア推進に我々は何をなすべきか、何ができるか」
     講師:斉藤正身氏(医師)(全国デイ・ケア協会会長/日本リハビリテーション病院・施設協会副会長/埼玉県地域リハビリテーション推進協議会会長/医療法人真正会理事長)
     浜村明徳氏(医師)(小倉リハビリテーション病院名誉院長)
     司会:橋元隆(教授)(九州栄養福祉大学学長補佐)

申込方法:
 下記の「特別セミナーチラシ」の裏面のFAX送信票をご利用ください。

メールアドレス登録申込書

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局総合保健福祉センター地域リハビリテーション推進課
〒802-8560 北九州市小倉北区馬借一丁目7番1号
電話:093-522-8724 FAX:093-522-8772

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。