ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 予防接種 > 日本脳炎の予防接種を受けましょう!

日本脳炎の予防接種を受けましょう!

日本脳炎は、蚊を媒介し、動物から人へ感染するので、夏には特に注意が必要です。
感染すると100~1,000人の割合で発病すると考えられています。
症状がでる場合には、潜伏期間の後に発熱、嘔吐、頭痛などで発病し、引き続き急激に、意識障害、けいれんなど、脳の障害を生じます。

脳炎を発病した場合、死亡したり後遺症が残ることもあります。
予防接種で日本脳炎を防ぎましょう!

対象者

●第1期接種対象者
 生後6か月から7歳半未満の方。(接種回数3回)
 ※1期接種は3歳・4歳が標準的な接種期間とされておりますので、3歳・4歳の皆様には個別に通知を発送しております。

●第2期接種対象者
 9歳以上13歳未満の方(接種回数1回)
 ※2期接種は9歳が標準的な接種期間とされておりますので、9歳の皆様には個別に通知を発送しております。

●特例対象者
(1)平成7年4月2日から平成19年4月1日に生まれた方で、20歳未満の方。
 上記の方々は、平成17年~21年度の接種勧奨差し控えにより、第1期、第2期の接種が行われていない可能性があります。
 母子手帳を確認いただき、不足分の接種を行ってください。
 ※対象者のうち、今年度18歳になる方には個別に通知いたします。

(2)平成19年4月2日から平成21年10月1日に生まれた方で、9歳以上13歳未満の方。
 上記の方々は、平成17年~21年度の接種勧奨差し控えにより、第1期の接種が行われていない可能性があります。
 第1期の接種について9歳以上13歳未満の間に不足分を無料で接種できます。
母子手帳を確認いただき、不足分の接種を行ってください。

接種料金

上記対象者の方(ただし、北九州市に住民票がある方に限る)は無料で接種可能です。
※対象年齢以外の方が接種を希望される場合、有料となります。

接種場所

市内予防接種実施医療機関

※事前に接種を希望される医療機関(小児科・内科等)に、予防接種を実施しているか確認してください。

標準的な接種期間

●3歳(1期初回)
 1回目・2回目接種(1回目と2回目の間は1~4週間あける)

●4歳(1期追加)
 3回目接種(2回目からおおむね1年後)

●9歳(2期)
 4回目接種(3回目から5年後)

今年度18歳になる方及びその保護者のみなさまへ

日本脳炎の予防接種後に重い病気にかかった事例があり、平成17~21年の間、予防接種のご案内をおこないませんでした。
日本脳炎の予防接種の機会を逃してしまっている可能性がありますので、個別通知にて、ご案内させていただきます。
現在は新たなワクチンが開発され、接種が再開されております。20歳未満まで無料で接種できますので、この機会に、母子手帳等をご確認のうえ、不足分について接種を受けてください。

ワクチンの流通状況に伴うお知らせ

現在、熊本地震等の影響によりワクチンの流通及び在庫に偏在が発生し、全体としては不足は生じない見込みですが、一部医療機関ではワクチンが不足している状況です。

予防接種をご希望の際はかかりつけ医にご相談の上、接種をご検討ください。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局保健衛生部保健衛生課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2435 FAX:093-582-4037

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。