ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 救急医療 > 全国版救急受診アプリ(Q助)

全国版救急受診アプリ(Q助)

全国版救急受診アプリ(Q助・きゅーすけ)とは?

「全国版救急受診アプリ(Q助)」では、みなさんが病気やけがをして「病院に行った方がいいのか」、「救急車を呼んだ方がいいのか」など迷った時に、画面を操作して質問に答えるだけで、緊急度や病院受診の必要性などを確認できます。

「全国版救急受診アプリ(Q助)」は、住民の緊急度判定を支援し、利用できる医療機関や受診手段の情報を提供するため、緊急度判定プロトコルver.2(家庭自己判断)をもとに消防庁が作成したアプリです。
 
※本アプリの判定結果にかかわらず、みなさんが緊急性があると判断した場合は、救急車を要請したり病院を受診してください。

スマートフォン版(アプリ)

「Q助(スマートフォン版アプリ)」は、御利用の機種に応じて以下のサイトからダウンロードすることができます。アプリは、iOS 8.0以上のiPhone端末、Android OS 4.4以上のスマートフォン・タブレット端末で利用可能です。

Web版

 「Q助(Web版)」は、インターネット上で、パソコンでも、スマートフォンでもご覧いただけます。また、24時間いつでも、どこでも見ることができます。

このページの作成者

保健福祉局健康医療部地域医療課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2678 FAX:093-582-2598

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。