ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 税・保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 一部負担金の減免について

一部負担金の減免について

災害などで医療機関への支払いが困難となったとき

被保険者の属する世帯主が概ね過去1年以内に災害など特別な事情により著しく収入が減少し、医療機関への支払いが一時的に困難となった場合、申請により自己負担額の減免・支払猶予が受けられることがあります。ただし、減免申請には、市民税の減免や預金残高などの要件があります。また、減免期間は6か月以内です。お住まいの区役所国保年金課の窓口へご相談ください。

このページの作成者

保健福祉局健康医療部保険年金課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2415 FAX:093-582-5227

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。