ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 税・保険・年金 > 国民年金 > 年金をもらうための受給資格期間が「10年」に短縮!

年金をもらうための受給資格期間が「10年」に短縮!

年金をもらうための受給資格期間が「10年」に短縮!

 これまでは、老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、共済組合等の加入期間を含む)と国民年金の保険料免除期間などを合算した資格期間が原則として25年以上必要でした。平成29年8月1日からは、資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになります。
 対象となる方には、日本年金機構から「短縮」と書いた黄色の封筒(A4サイズ)をお送りしています。お手元に届きましたら「ねんきんダイヤル」でご予約のうえお早めに手続きを行ってください。

 ねんきんダイヤル 0570-05-1165 
※IP電話、PHSからは 03-6700-1165 にお電話ください。

詳しい内容は、日本年金機構のホームページを参照してください。

このページの作成者

保健福祉局健康医療部保険年金課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2415 FAX:093-582-5227

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。