ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)

認知症チェックリスト

認知症かな?と思ったら、早めに専門の医師の診察を受けることが大切です。

もの忘れは、加齢による老化現象のひとつでもあるため、もの忘れがあるからといって認知症であるとは限りません。

加齢によるもの忘れの場合は、経験したことを部分的に忘れることに対し、認知症の記憶障害の場合は、経験したことそのものを忘れてしまう特徴があります。

このチェックリストで、認知症の初期症状かどうかをチェックしてみましょう。

認知症チェックリスト


認知症チェックリスト

 結果は、あくまで目安にすぎません。

 心配な方は、かかりつけ医やものわすれ外来、認知症疾患医療センターにご相談ください。

点数の目安

0~8点<正常>

もの忘れも老化現象の範囲内です。
疲労やストレスにより点数に影響が出る場合もありますので、点数が8点に近い場合は、気分の違う時に再チェックをしてみてください。

9~13点<要注意>

家族に再チェックしてもらったり、数ヶ月単位で間隔を置いて再チェックしたりしてみましょう。
また、認知症予防策を生活に取りいれてみましょう。

14~20点<要診断>

認知症の初期症状が出ている可能性があります。
家族にも再チェックしてもらい、結果が同じなら、認知症専門外来への受診をおすすめします。

認知症簡易チェックリスト

 上記のチェックをインターネット上で行うこともできます。

 北九州市認知症疾患医療センターのウェブサイトにて是非試してみてください。

※テスト結果は、あくまで目安にすぎません。ご心配な方は、かかりつけ医やものわすれ外来、認知症疾患医療センターにご相談ください。

認知症チェックリスト(A3サイズ)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局総務部認知症支援・介護予防センター
〒802-8560 北九州市小倉北区馬借一丁目7番1号
電話:093-522-8765 FAX:093-522-8773

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。