ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 福祉・人権 > 高齢者支援 > 認知症に関すること > 若年性認知症ハンドブック

若年性認知症ハンドブック

若年性認知症とは

若年性認知症ハンドブックの画像

 認知症は、一般的に高齢者に多い病気ですが、年齢が若くても発症することがあり、65歳未満で発症する認知症のことを「若年性認知症」といいます。ご本人が現役世代で発症するため、社会生活でも家庭生活でも大黒柱であることが多く、病気だけでなく経済的な問題も深刻となります。

 また、発症の年齢が若いために、症状が現れても認知症と思わず、うつ病や更年期障害を疑って別の科を受診しているうちに、認知症の専門医への受診が遅れてしまうことも少なくありません。認知症かなと思ったら、早めに専門の医師への診察を受けることが大切です。

若年性認知症について知りたいとき

 認知症介護研究・研修大府センターが作成した若年性認知症についてのハンドブックです。北九州市版として、P51~54に本市の相談窓口を掲載しています。

 若年性認知症の症状や、利用できる社会制度・サービス、相談窓口等が載っておりますので、若年性認知症のご本人やそのご家族が医療・介護などのサービスを受ける際に、また、若年性認知症の方の診療や相談支援などの際にご活用ください。

*下記の関連資料から、データを印刷できます。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局総務部認知症支援・介護予防センター
〒802-8560 北九州市小倉北区馬借一丁目7番1号
電話:093-522-8765 FAX:093-522-8773

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。