ページトップ

認知症カフェ

 認知症支援・介護予防センターでは、認知症の人を支える仕組みやつながりを支援するために、「認知症カフェ」の普及促進に取り組んでいます。

 「認知症カフェ」は、認知症の人とその家族、地域住民、専門職等の誰もが参加でき、集う場です。認知症の人だけの場所ではなく、多様な年代の方が参加することで、認知症のことを身近に捉え、様々な支援があることなどを知っていただくことが大切だと考えています。

カフェ・オレンジ(北九州市モデル事業)

 認知症カフェがどのようなところか知っていただくために、認知症支援・介護予防センター内に開設しました。

 カフェの中には栄養に関するパネル展示や体力測定コーナーなども設置しています。

 カフェでのおもてなしは、「カフェマスター講座」を受講したボランティアの方々等が行っています。ちょっとしたご相談なども伺うことができますので、お気軽にお立ち寄りください。カフェでのひとときがお越しいただいた方のリフレッシュにつながるように、一生懸命おもてなしをしています。

カフェ・オレンジ概要

開設日:平成28年5月7日(土曜日)

開館時間:10時~18時(年末年始、盆のみ休)

場所:小倉北区馬借1-7-1総合保健福祉センター(アシスト21)5階

※カフェマスター養成講座

カフェ・オレンジにて定期的に開催していますので、詳細はお問い合わせください。

講座修了後は、カフェ・オレンジの運営のお手伝いをお願いしています。

また、ご自分で認知症カフェを開催するために学ばれている方もいらっしゃいます。

市内の認知症カフェについて

 定期的に認知症カフェを開催している施設については、今後、当センターのホームページにてご紹介していく予定です。

このページの作成者

保健福祉局総務部認知症支援・介護予防センター
〒802-8560 北九州市小倉北区馬借一丁目7番1号
電話:093-522-8765 FAX:093-522-8773

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。