ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 健康診査 > 子宮頸がん・乳がん検診無料クーポンのお知らせ

子宮頸がん・乳がん検診無料クーポンのお知らせ

次の年齢の方へ、新たに『子宮頸がん検診』、『乳がん検診』の無料クーポンを配布します。
※有効期限を過ぎると使用できませんので、ご注意ください。

【無料クーポン新規発行対象者】(平成28年5月末送付予定)

検診種類 対象生年月日 クーポン有効期限
子宮頸がん検診
(女性のみ)
平成 7(1995)年4月2日~平成 8(1996)年4月1日 平成29年3月31日まで
乳がん検診
(女性のみ)
昭和50(1975)年4月2日~昭和51(1976)年4月1日 平成29年3月31日まで

 無料クーポンが届いた方は、がんの早期発見・早期治療のために受診してください。
 ※無料クーポンは「住所地の市町村が実施するがん検診」にのみ使用できます。医療保険者や会社等で行う人間ドックでの検診・がん検診等には使用できませんのでご注意ください。

がん検診をこれから受診されるかたへ

1 受診場所を決めましょう。

 がん検診実施医療機関名簿又は集団検診日程表の中から受診場所を選んでください。
 ●子宮頸がん検診…子宮頸がん検診実施医療機関
 ●乳がん検診(※事前に予約をしてください)…乳がん検診実施医療機関集団検診日程表
 

 無料クーポンに有効期限を記載しています。
 ※有効期限終了間際には、予約が集中し、予約がとれない場合があります。
  いかなる理由があっても、有効期限外での無料クーポンの使用はできません。早目の予約・受診をお願いします。

2 受診場所で受付・受診をしましょう。

 検診に行くときには、次のものを忘れずに持っていきましょう。

  • 身分証明書(免許証、健康保険証など氏名・現住所が分かるもの)
  • 無料クーポン
    ※現住所地を確認できない場合、受診できません。
     なお、無料クーポンに印字されている住所地では現住所地の確認とはなりません。
    ※無料クーポンを忘れた場合は、有料(子宮頸がん・乳がん検診:各1000円)になります。

北九州市外へ転出されたかたへ

 無料クーポンの使用方法や検診の受け方については、転出先の市町村に確認してください。

よくある質問

Q 無料クーポンに印字されている住所と現住所が違います。
  無料クーポンに印字されている氏名が旧姓になっています。
  この無料クーポンは、使用できますか。

A 北九州市で受診される場合(現住所が北九州市の場合)は、変更後の住所・氏名欄に現在の住所・氏名を記載して、無料クーポンを御使用ください。
  北九州市外に転出した場合は、現住所地の市町村に確認してください。

Q 以前、北九州市に住んでおり、無料クーポンは北九州市の住所になっています。
  現在、市外に転出していますが、北九州市のがん検診を受診することはできますか。

A できません。現住所地の検診を受診してください。無料クーポンが使用できるかどうかは、現住所地の市町村に確認してください。

Q 今年度、他市町村で無料の対象になるがん検診を受診し、検診受診料(自己負担金)を支払いました。
  現在、北九州市に転居して住んでいますが、検診受診料(自己負担金)の返還(交付)の請求はどちらに行ったらよいですか。

A 給付の請求については、検診を受けた市町村にお問い合わせください。

Q 今年度、届いた無料クーポンを使用せずに同じ種類のがん検診を受診し、検診受診料(自己負担金)1,000円を支払いました。検診受診料(自己負担金)の返還(交付)の請求はできますか。

A 給付の申請書を送付しますので、北九州市保健福祉局健康推進課までご連絡ください。申請書の締め切りは、平成29年3月31日まで(消印有効)です。無料クーポンは、申請書に添付する必要があるため、保管しておいてください。なお、給付は、原則としてご本人の口座に振込みとなり、早くても受診月の3か月後になります。

Q 受診予約が取れず、無料クーポンの有効期限が切れてしまいました。この無料クーポンを使用することができますか。

A 有効期限外では、いかなる理由があっても無料クーポンの使用はできません。有効期限以降は、自己負担金(子宮頸がん検診、乳がん検診:各1,000円)を負担して受診していただくようお願いします。

定期的にがん検診を受診しましょう

次年度以降も検診受診をお忘れなく。北九州市ではがん検診を1,000円以下の受診料で受診することができます。

 北九州市では、すべてのがん検診の受診料を1,000円以下に設定しております。
 年1回のがん検診(乳がん検診マンモグラフィは2年に1回)を受診して、がんの早期発見につなげましょう。

 北九州市の各種検診

がん検診のススメ -早期に見つければがんは完治します-

がんは不治の病ではありません。現在、全体で見れば、半分程度のがんは治ると言えます。がんがまだ1~2センチ程度の時期、つまり、早期に発見できれば、治癒率はぐんと良くなります。たとえば、進行した胃がんでは、半数以上の方が命を落としますが、早期であれば、100%近く完治します。がん全体についても、早期がんの段階で治療を受ければ、9割方が完治すると言えます。
 ただし、症状が出るようながんは、早期がんとは言えません。早期のがんでは、症状はまず出ませんから、早期にがんを発見するのは検診の役割です。
 早期発見は、症状が出たらすぐ検査を受けることではありません。症状がないうちに、定期的に検査することが大事なのです。

出典:がん検診企業アクション公式小冊子「がん検診のススメ」

お問い合わせ先

  • 無料クーポン・検診手帳に関すること
      保健福祉局健康推進課     093-582-2018(直通)
  • 検診内容・実施医療機関に関すること
各区役所保健福祉課
門司区役所保健福祉課 093-331-1881(代表)
小倉北区役所保健福祉課 093-582-3440(直通)
小倉南区役所保健福祉課 093-951-4111(代表)
若松区役所保健福祉課 093-761-5321(代表)
八幡東区役所保健福祉課 093-671-0801(代表)
八幡西区役所保健福祉課 093-642-1441(代表)
戸畑区役所保健福祉課 093-871-1501(代表)

このページの作成者

保健福祉局健康医療部健康推進課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2018 FAX:093-582-4997

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。