ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 福祉・人権 > 高齢者支援 > 認知症に関すること > 認知症サポーター養成講座

認知症サポーター養成講座

認知症サポーター養成講座を受講しませんか?

 全国平均を上回る速さで高齢化が進む本市では、現在およそ4人に1人が高齢者、そのうちの8人に1人が認知症を発症していると推定されています。
 このような中、認知症に対する理解不足や、長年にわたる介護疲れが、本人や介護する家族の身体的・精神的な負担となっています。
 本市では、本人や家族が住み慣れた地域で安心して暮らせるまちづくりを目指し、認知症を理解して、認知症の方を地域で温かく見守り、支える「認知症サポーター」の養成に取り組んでいます。

認知症サポーターとは?

オレンジリング

「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「認知症サポーター」です。とくに認知症サポーターには何かを特別にやってもらうものではありません。認知症を正しく理解してもらい、認知症の人や家族を温かく見守る応援者になってもらいます。そのうえで、自分のできる範囲で活動できればいいのです。たとえば、友人や家族にその知識を伝える、認知症になった人や家族の気持ちを理解するよう努める、隣人あるいは商店・交通機関等、まちで働く人として、できる範囲で手助けをする、など活動内容は人それぞれです。なお、認知症サポーターには認知症を支援する「目印」として、オレンジリングをお渡しします。この「オレンジリング」が連繋の「印」になるようなまちを目指します。

これまでの受講者数

平成18年度   968人
平成19年度  9,573人
平成20年度  4,335人
平成21年度  4,523人
平成22年度  6,919人
平成23年度  4,871人
平成24年度  6,627人
平成25年度  5,882人
平成26年度  12,243人
合計      55,941

(平成27年3月末現在)

講座内容

講座時間 1時間~1時間30分

  • 認知症とはどういうものか?
  • 認知症の予防
  • 認知症の人と接するときの心構え
  • 認知症の人や介護する家族の気持ち 等

受講・申込方法

自治会・老人クラブなどの地域団体、企業、学校単位で受講できます。

下記事務局へ申し込んでください。

主催者で準備していただくもの

会場の確保
参加者への呼びかけ

事務局で準備するもの

講師の派遣
資料

認知症サポーター活動報告書

認知症サポーター活動報告書

これまで、認知症サポーター養成講座を受講した、認知症サポーターの皆様から活動体験を募集し、報告書にまとめました。

申込・問合せ先

北九州市社会福祉協議会内
北九州市認知症サポーターキャラバン事務局
電話 093-873-1296  
FAX 093-873-1351

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局総務部認知症支援・介護予防センター
〒802-8560 北九州市小倉北区馬借一丁目7番1号
電話:093-522-8765 FAX:093-522-8773

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。