ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 福祉・人権 > 生活保護 > 生活保護の種類

生活保護の種類

保護はその内容によって8種類の扶助に分けられています。

1 生活扶助

 生活扶助は、さまざまな扶助の中でもっとも基本的なもので、飲食費や被服費、光熱水費、家具什器費などの日常生活の需要を満たすための費用が支給されます。

2 教育扶助

 教育扶助は、義務教育の就学に必要な経費で、憲法で義務付けられている小・中学校への就学を保障するものです。
 具体的には、就学に伴い必要となる学用品費、教科書に準ずる副読本的な図書の購入費、学校給食費、児童・生徒が学校や教育委員会の実施する校外活動に参加するための費用などが支給されます。

3 住宅扶助

 住宅扶助は、借家や借間住まいをしている場合の家賃や、借地の場合の地代のほかに、転居が必要になった場合の敷金、家屋の修繕費用、畳、建具、風呂などの修理費用などが支給されます。

※平成23年度より民間住宅に入居する被保護者の方の住宅扶助費(家賃)について、家主等へ直接支払う代理納付制度を実施しています。

4 医療扶助

 医療扶助は、病気やけがで入院または通院による治療を必要とする場合に、生活保護の「指定医療機関」に委託して行われます。
 具体的には、病院の診察代や薬代などの費用、治療のための輸血費用、治療用装具の費用などが支給されます。

 なお、柔道整復、あんま、マッサージ、はり・きゅうなどの施術の費用も支給の対象となりますが、特別な場合を除き、医師の同意が必要となります。

5 介護扶助

 介護扶助は、介護保険法で規定されている要介護状態にある人及び要支援状態にある人で、ホームヘルパーや施設入所などの介護サービスを必要とする場合に、生活保護の「指定介護機関」に委託して行われます。
 具体的には、居宅や施設での介護費用(居宅の場合はケアプランに基づき行うもの)や、福祉用具の購入費用、自宅に手すりなどをつけるために必要な住宅改修費用などが支給されます。

6 出産扶助

 出産扶助は、出産のために必要な費用で、分娩の介助及び分娩後の処置などのいわゆる助産のほか、分娩に必要なガーゼなどの衛生材料費用などが支給されます。
 なお、病院などの施設で分娩する場合には、入院料についても入院に必要な最低限度の額が支給されます。

7 生業扶助

生業扶助は、
(1) 生計を維持するために小規模な事業を営もうとする場合の経営に必要な費用
(2) 仕事に就くために必要な技能を身につけるための費用
(3) 高等学校に就学する場合の授業料や教科書などの購入費用
(4) 仕事に就くために必要な洋服類
などの購入費用が支給されます。

8 葬祭扶助

 葬祭扶助は、遺体の検案や運搬、火葬または埋葬、その他葬祭のために必要な費用が支給されます。

北九州市標準モデル世帯の生活扶助基準額
  平成29年度生活扶助基準額
標準3人世帯(33歳、29歳、4歳) 142,030円
高齢者単身世帯(68歳) 76,370円
高齢者夫婦世帯(68歳、65歳) 114,090円

このページの作成者

保健福祉局総務部保護課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2445 FAX:093-582-2095

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。