ページトップ

住居確保給付金

 離職者であって就労能力及び就労意欲のある方のうち、住宅を喪失している方または喪失するおそれのある方を対象として、住宅費を支給するとともに、就労支援等を実施し、住宅及び就労機会の確保に向けた支援を行います。

1 支給対象者

 支給申請時に、次の1~8のいずれにも該当する方が対象となります。

  1. 離職等により経済的に困窮し、住居喪失者又は住居喪失のおそれがある
  2. 申請日において、65歳未満であって、かつ、離職等の日から2年以内である
  3. 離職前に、主たる生計維持者であった(離職前には主たる生計維持者ではなかったが、その後離婚等により、申請時には主たる生計維持者となっている場合も含む。)
  4. 申請日の属する月の、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の収入の合計額が次の表の金額以下である(収入には、公的給付を含む)
世帯人数 基準額 家賃額
(ただし以下の基準額が上限)
収入基準額(万円)
1人  8.4万円 29,000円 11.3万円
2人  13.0万円  35,000円  16.5万円
3人  17.2万円  38,000円  21.0万円
4人  21.4万円  38,000円  25.2万円
5人  25.5万円  38,000円  29.3万円
  1. 申請日において、申請者及び申請者と生活を一つにしている同居の親族の預貯金の合計額が次の表の金額以下である
    世帯人数 金融資産
    1人 50.4万円
    2人 78.0万円
    3人 100万円
    4人 100万円
    5人 100万円
  2. ハローワークに求職の申込みをし、誠実かつ熱心に常用就職を目指した求職活動を行うこと
  3. 国の雇用施策による貸付(職業訓練受講給付金)及び地方自治体等が実施する類似の給付等を、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者が受けていないこと
  4. 申請者及び申請者と同一の世帯に属する者のいずれもが暴力団員でないこと

2 支給額

【単身世帯の場合】
 月収が基準額以下の方は、住居確保給付金支給額は家賃額※
 月収が基準額を超え、11.3万円未満の方は以下の数式により算定された額となります。

 住居確保給付金支給額 = 家賃額※ - (月の世帯の収入合計額-基準額)
 ※家賃額は住居確保給付金基準額を上限
 ※その他の場合の支給額については、以下の窓口にお問い合わせ下さい。

3 支給期間

 3ヶ月間。
 一定の条件により3ヶ月の延長及び再延長が可能。

4 住居確保給付金受給中の義務

 支給期間中は、公共職業安定所の利用、住居確保給付金窓口の支援員の助言、その他様々な方法により、常用就職に向けた就職活動を行っていただきます。

  1. 少なくとも毎月2回以上、「職業相談確認票」を持参の上、公共職業安定所へ出向いて職業相談を受けること
  2. 毎月4回以上、住居確保給付金窓口の支援員等による面接等の支援を受けること
  3. 原則週1回以上、求人先へ応募を行う、又は求人先の面接を受けること

相談・申し込みは、お住まいの 区役所保健福祉課「いのちをつなぐネットワーク」コーナーまで
区役所の所在地及び代表電話は、次のとおりです。

住所 電話番号
門司 門司区清滝1-1-1 093-331-1881(内線495)
小倉北 小倉北区大手町1-1 093-582-3478
小倉南 小倉南区若園5-1-2 093-951-1025
若松 若松区浜町1-1-1 093-761-5321(内線430)
八幡東 八幡東区中央1-1-1 093-671-3022
八幡西 八幡西区黒崎3-15-3 093-642-1441(内線462)
戸畑 戸畑区千防1-1-1 093-871-0855

このページの作成者

保健福祉局地域福祉部地域福祉推進課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2060 FAX:093-582-2095

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。