ページトップ

動物取扱業について

平成17年6月に動物の愛護及び管理に関する法律(以下、動愛法)(外部リンク)が改正され、平成18年6月1日から動物取扱業は登録制になりました。
また平成24年6月1日から動物取扱業としてあらたに「競りあっせん業」「譲受飼養業」の2業種が追加されました。

平成25年9月1日より今までの動物取扱業者は「第一種動物取扱業」と呼称が変わり、また新たに「飼養施設を有し、営利性のない動物の取扱いを行う者」を対象に届出制の「第二種動物取扱業」が新設されました。

申請書様式等については、環境省ホームページ(外部リンク)をご覧下さい。

第一種動物取扱業者の方へ

 第一種動物取扱業とは、有償無償の別を問わず反復・継続して事業者の営利を目的として動物の取扱を行う、社会通念上、業として認められる行為のことを言います。
 下記の業種を営んでいる方は、動物の愛護と管理に関する法律及び北九州市動物愛護条例により、登録が義務付けられています。

動物取扱業の種類 業の内容 該当する業者の一例
販売 動物の小売及び卸売り並びにそれらを目的とした繁殖又は輸出入を行う業( その取次ぎ又は代理を含む ) 小売業者、卸売業者、販売目的の繁殖又は輸入を行う業者、露天等における販売のための動物の飼養業者、飼養施設を持たないインターネット等による通信販売業者
保管 保管を目的に顧客の動物を預かる業 ペットホテル業者、美容業者( 動物を預かる場合 )、ペットシッター
貸出し 愛玩、撮影、繁殖その他の目的で動物を貸し出す業 ペットレンタル業者、映画等のタレント、撮影モデル、繁殖用等の動物派遣業者
訓練 顧客の動物を預かり訓練を行う業 動物の訓練・調教業者(出張も含む)
展示 動物を見せる業( 動物とのふれあいの提供を含む ) 動物園、水族館、動物ふれあいテーマパーク、移動動物園、動物サーカス、乗馬施設・アニマルセラピー業者( 「ふれあい」を目的とする場合 )
競りあっせん業 動物の売買をしようとする者のあっせんを会場を設けて競りの方法で行う業 会場を設けてのペットオークション
譲受飼養(ゆずりうけしよう)業 動物を譲り受けて飼養する業 老犬・老猫ホーム

登録対象の取扱動物
  哺乳類、鳥類、爬虫類

登録申請について

登録は営もうとする業の種別及び事業所ごとに必要です。

《申請手数料》
1件につき 15,000円 (更新手数料もこれに準じます。)
  (同一事業所で同時に2業種以上の申請をする場合は、2業種目から1件につき11,000円)

   例)トリミング(保管業)+ペットショップ(販売業)を申請する場合は
     15,000円+11,000円=26,000円

登録申請時に必要な書類一覧
必要書類 備考 使用する様式
第一種動物取扱業登録申請書 業種ごとに1枚ずつ記入・提出が必要 様式第1(PDF形式:137KB)
動物取扱業の実施の方法 販売業及び貸出業のみ 様式第1別記(PDF形式:124KB)
犬猫等健康安全計画 第一種動物取扱業のうち、犬又は猫の販売業を行う者のみ(平成26年1月現在) 様式第1別記2(PDF形式:78KB)
申請者(法人の場合はその役員)及び動物取扱責任者が動愛法第12条第1項第1号から第6号までに該当しないことを示す書類   参考様式第1(PDF形式:108KB)
動物取扱業の事業の実施に係る場所使用承諾証明書 飼養施設が賃貸の場合 (参考)動物取扱業の事業の実施に係る場所使用承諾証明(PDF形式:77KB)
動物取扱責任者の要件を示す書類 有効な資格者証の写し、動物取扱業実務従事証明書等 (参考)動物取扱業実務従事証明書(PDF形式:66KB)
飼養施設の平面図 ケージ等の設置場所、照明設備、給水設備、排水設備、洗浄設備、消毒設備、廃棄物等の集積場所、餌の保管場所、清掃設備、動物の死体の一時保管場所、空調設備、遮光のため又は風雨を遮るための設備、訓練場等の配置を記載したもの

(参考)飼養施設平面図(PDF形式:88KB)

飼養施設付近の地図    
登記事項証明書 申請者が法人の場合のみ提出  
役員の氏名及び住所 申請者が法人の場合のみ提出  

その他の申請書類は環境省ホームページ(外部リンク)からダウンロードが可能です。
詳しくは動物愛護センターまでお問い合わせください。

動物取扱責任者について

  • 動物取扱業の営業を行う者は、業務を適正に実施するため事業所ごとに1名以上の動物取扱責任者を選任しなければなりません。
  • 動物取扱責任者は、行政が開催する動物取扱責任者研修を年1回以上受講しなければなりません。

《動物取扱責任者の要件》 
 次に掲げる要件のいずれかに該当する者

  • 営もうとする動物取扱業の種別に係る実務経験が半年間以上あること
  • 営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術について1年間以上教育する学校その他の教育機関を卒業していること
  • 公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得していることの証明を得ていること

ご不明な点は動物愛護センターまでお問い合わせください。

第二種動物取扱業について

 飼養施設を有し、一定数以上の動物を非営利で取り扱う場合(譲渡・展示等)第二種動物取扱業として届出が義務づけられています

詳しくは動物愛護センターまでお問合せください。

届出書等は環境省ホームページ(外部リンク)からダウンロードできます。

第一種動物取扱業閲覧簿(平成29年3月31日現在)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局保健衛生部動物愛護センター
〒803-0801 北九州市小倉北区西港町24番地7
電話:093-581-1800 FAX:093-582-8852

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。