ページトップ

かえるプレス特別号

平成18年9月発行

かえるプレス特別号

みなさまから寄せられた質問にお答えします

Q1 生ごみを捨てるときにレジ袋や新聞紙を使ってもいいのですか?

A1 汁もれや、におい、カラス対策に、レジ袋や新聞紙などを利用していただいてけっこうです。

生ごみを捨てる様子

Q2 資源化物を出すときは、レジ袋などを使って指定袋に入れていいのですか?

A2 資源化物は直接指定袋に入れてください。収集された資源化物はリサイクルのために、選別施設で手作業で選別しています。
   レジ袋などを使うと、袋を破って中身を取り出す作業が別に必要となります。

ペットボトルを捨てている様子

Q3 「プラスチック製容器包装」のもっと大きい袋はないのですか?

A3 「大」(45リットル)の袋を検討中です。プラスチック製容器包装はつぶしたり、切ったりしても、けっこうです。

豆腐パックをつぶしたイラスト

Q4 「家庭ごみ」指定袋の「小」より小さいサイズはありませんか?

A4 「特小」(10リットル)の袋を検討中です

Q5 家庭で剪定した枝や草を捨てるのは、どの袋ですか?

A5 「家庭ごみ」の袋に入れて出してください。袋に入らない枝などは、長さ1m、重さ10Kg以内(片手で持てる程度)に束ねて「家庭ごみ(大)」を貼り付けて出してください。

枝や草の捨て方

Q6 家庭ごみや資源化物は何時に出せばいいのですか?

A6 収集日の朝、8時30分までに決められたステーションに出してください。ただし収集時間は、品目や曜日、ごみ量や道路事情などにより異なりますのでご了承ください。

Q7 「プラスチック製容器包装」は、何曜日にどこに出せばいいのですか?

A7 週1回、地域ごとの指定曜日に資源化物ステーション(かん・びん、ペットボトルを出すステーション)に出してください。
   指定曜日は、収集曜日一覧(分別大事典と同時配布)をご覧になるか、環境センターにお問い合わせください。
   ※家庭ごみの日や水曜日にはプラスチック製容器包装の収集はありません。

Q8 「かん・びん」と「ペットボトル」は同じ車で収集するのですか?

A8 リサイクル原料としての品質を確保するため、別々の車で収集しています。ステーションに片方が残っていても、収集もれではありません。

ごみと収集車のイラスト

Q9 かんやペットボトルはつぶしてもいいのですか?

A9 かん、ペットボトルはつぶしても構いません。

つぶれた缶とペットボトルのイラスト

Q10 マヨネーズなどのチューブやサラダ油のボトルは洗わないといけませんか?

A10 食品などの残りかすがあるものは、食器を洗ったあとの残り水などを利用して、軽く洗って出してください。チューブ類やサラダ油など、洗いにくいものは、中身をできるだけきれいに使い切って出してください。

マヨネーズチューブのイラスト

Q11 ラベルが貼ってあるものは、はがさないといけませんか?

A11 簡単にはがれるものは、取ってください。はがれにくいラベルやシールは、無理にはがさなくてけっこうです。

ラベルのはがれにくい例のイラスト

Q12 プラスチック製容器包装が風で飛ばされて困っています。

A12 飛散防止用ネット(カラスよけネット兼用)の無料配布を行っています(申込書は区役所まちづくり推進課・出張所・市民センターにあります)。
   なお、台風などの風が強い日は、次のプラスチック製容器包装の収集日に出すよう、ご協力ください。

ネットをかけたごみのイラスト
古紙はできるだけリサイクルしましょう
ごみ分別早見表

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

環境局総務政策部総務課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2173 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。