ページトップ

かえるプレス臨時号

かえる臨時号表紙

 環境情報誌「かえるプレス」とは、環境施策の情報を提供するために、北九州市環境局が発行し、全戸配布している情報誌です。
 

このたびの東北地方太平洋沖地震の影響による電力不足から、全国的に節電が求められています。

また、北九州地域では、電力は十分確保できていますが、わが国全体を見た場合、今後エネルギー需給が逼迫する事態も考えられ、石油等、多様なエネルギーの確保が重要となってきます。 省エネ・節電については、これまでも市民、事業者の皆さんにお願いしてきましたが、この取組みを徹底していただけるようお願いいたします。

詳細は各項をクリックしてください。PDFファイルで開きます。 
 

省エネ、節電の取組みを今一度見直してみよう。

◆ 市民の皆さんができること

◎エアコンの温度設定を1℃調整する。
(暖房時10%の節電)

◎温水式洗浄便座のふたを閉める。
(10%以上の節電)

◎冷蔵庫の冷蔵強度を強から中に変更する。                                    
(平均11%の節電)

◎パソコンの不使用時にコンセントを抜く。                                       
(ノートブック型で24%の節電)

◎テレビやDVDプレーヤーなどのつけっぱなしをやめ、コンセントを抜く。                       
(家庭の消費電力量のうち、6%が待機電力)

◎電球を蛍光灯やLED照明に変える。                                        
(蛍光灯で70%以上、LEDで80%以上の節電)

◎エコドライブに努める。                                                 
(平均で10%から25%の省エネ)     など

※これらの内容は、「各種家電製品の省エネ対策による効果試算(平成23年3月16日、内閣官房、経済産業省)」から抜粋したものに、エコドライブ等の情報を追加しています。

かえる臨時号 電力量比較

省エネ、節電の取組を今一度見直してみよう。

◆事業者の皆さんができること

◎空調について、暖房は19℃以下を目安に現在の設定より低くするとともに、不要なつけっぱなしをせず、運転時間を短縮する。

◎照明について、人のいない部屋の照明は、可能な限り消灯する。また、省エネルギー型の蛍光灯や電球型蛍光ランプ、LEDを使用する。さらに、広告・ネオン等の点灯をできるだけ控える。

◎エレベーター・エスカレーターの使用をできるだけ控える。例えば、稼動台数の制限や、近くの階への昇降は階段を使用する。

◎事務機器の使用をできるだけ控える。例えば長時間使用しない場合にこまめにパソコンをシャットダウンしたり、プリンター等は必要最低限のもの以外は電源を切る。

◎外出時は、できるだけ車に乗らず、電車、バスなど公共交通機関を利用する。自動車を運転する場合には、エコドライブを行う。

◎省エネルギーのための社内体制を整備する。また、家庭での省エネルギー対策について、職員及びその家族へ周知徹底する。

◎生産・営業体制の合理化により、省エネルギーを一層強化する。  など

※これらの内容は、「省エネルギーに向けた協力依頼(平成23年3月15日、経済産業省)」から抜粋しています。

かえる臨時号 オフィスビルの用途別エネルギー消費量

中小企業の皆さんへ

◆省エネ対策ガイドブックの紹介

中小企業の方々向けの省エネ対策ガイドブックを発行しています。

北九州市環境局又は北九州商工会議所で入手できますので、ご活用ください。

かえる臨時号 省エネ対策ハンドブック

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

環境局総務政策部総務課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2173 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。