ページトップ

かえるプレス45号

環境情報誌「かえるプレス」とは、環境施策の情報を提供するために、環境局が年3回発行し、全戸配布している情報誌です。

平成26年3月15日に配布した最新号「かえるプレス」45号をホームページにて公開します。

かえるプレス45号の表紙の写真
かえるプレス45号

今号は、

  • 「市民いっせい雑がみ回収グランプリ」報告
  • 春は引越しシーズン。「家庭ごみ」や「引越ごみ」の出し方のおさらい
  • ごみレポート2013
  • 第7回「北九州市3R活動推進表彰」の受賞者が決まりました
  • 使用済み蛍光管はリサイクルされています
  • ごみの焼却(野焼き)はやめましょう!
  • 光化学スモッグにご注意を!
  • PM2.5ってどんなもの?
  • 光化学スモッグ・PM2.5の情報をいち早くキャッチするには
  • 響灘・鳥がさえずる緑の回廊 第9回植樹会 響灘埋立地に木を植えよう!
  • 環境情報のホームページをご活用ください!

に関する記事が掲載されています。
詳細は各項をクリックしてください。PDFファイルで開きます。

1ヶ月間で雑がみ100トン回収!!

1ヶ月間で雑がみ100トン回収!!
「市民いっせい雑がみ回収グランプリ」報告

平成25年10月の「北九州エコマンス」に実施した「市民いっせい雑がみ回収グランプリ」では、1ケ月で約100トンの雑がみを回収しました。(昨年は年間約1.2トン)
これは、再生トイレットペーパー約100万個分に相当します。「雑がみ」が資源として生まれかわりました。市民の皆さん、ご協力ありがとうございました。

グランプリ実施結果

1位:東戸畑まちづくり協議会(1世帯あたり1.30キログラム)
2位:錦町まちづくり協議会(1世帯あたり0.96キログラム)
3位:守恒校区まちづくり協議会(1世帯あたり0.86キログラム)
※()内は1世帯あたりの回収量

奨励賞

  • 門司区 :古城まちづくり協議会
  • 小倉北区:北小倉校区まちづくり協議会
  • 小倉南区:曽根東校区まちづくり協議会
  • 若松区 :青葉地区まちづくり協議会
  • 八幡東区:高槻まちづくり協議会
  • 八幡西区:竹末まちづくり協議会
  • 戸畑区 :大谷まちづくり協議会

※奨励賞は、回収量上位3位を除く各区1位の回収量のまちづくり協議会を対象としています。

第1位東戸畑まちづくり協議会 喜びの声

「ごみ0(ゼロ)の校区」を目指して、朝から公園や道路、家の周り等の清掃活動をしています。また、エコツアーの実施や、市民センター通信等の広報活動を通じ、リサイクル意識も高まっています。今回の受賞は、そんな地域の皆さんの気持ちが結集した賜物と感謝しています。

引き続き、雑がみの分別回収にご協力をお願いします。

【雑がみとして出せるもの】
お菓子やティッシュペーパーの空き箱、封筒、はがき、トイレットペーパーの芯、コピー用紙、紙切れなど。
【雑がみとして出せないもの】
紙コップや紙皿、圧着はがき、感熱紙(レシートなど)、汚れ・においがついた紙など

雑がみの出し方
半透明ポリ袋で!袋の口をしっかりと結ぶ。
紙袋で!袋の口を折り、ひもでしっかりとくくる。
※小さな紙類は雑誌にはさんで出すこともできます。

回収場所
●町内会などが行っている集団資源回収(古紙回収)
 ご近所の方や、近くの市民センターなどにお尋ねください。

●市民センターの古紙回収用保管庫
 持ち込み時間は各市民センターにお問い合わせください。

お問合せ先 環境局循環社会推進課  電話:093-582-2187

特集ページ

春は引越しシーズン。「家庭ごみ」や「引越ごみ」の出し方をおさらいするよ!

  • 「家庭ごみ」ではこのようなごみは収集できません。
    指定袋以外で出されたごみ
    段ボールなどに入れて指定袋を貼ったごみ 
    指定袋に完全に入らないもの
    粗大ごみとして定められているもの
  • 灯油ポリタンクは「プラ」ではなく「家庭ごみ」です。指定袋に入れて出して下さい。
  • 「引越ごみ」や「粗大ごみ」は、粗大ごみ受付センターへ。(592-5300)
    「引越ごみ」では、粗大ごみのほかに食器などの雑多なごみも一度に出すことができます。
    【引越ごみの出し方】
    (1)収集希望日の1週間前までに粗大ごみ受付センターへ連絡。
    (2)収集日の前に認定員が訪問。出すごみを認定。
       ごみ量に応じて手数料(100キログラムごとに2,300円)をお支払いください。
    (3)収集日の朝8時30分までに家の前などにごみを持ち出し。

ごみの出し方にも注意して下さい。
 ■防鳥ネットを使ってカラス被害を防ぎましょう!
  カラスは春先から夏にかけて繁殖期を迎えます。
  防鳥ネットでごみ全体を覆うようにかぶせ、カラスによる散乱被害を防ぎましょう。
  また、ごみは必ず収集日の朝8時30分までに決められたごみステーションに出してください。
  ※ネットは無償で貸与しています。(ごみステーション1ヶ所につき1回限り)各環境センターまでお問い合わせください。

 ■剪定枝の持ち出し方 
  長さは1メートル以内
  しっかりと2ヶ所を束ねる 
  家庭ごみの指定袋(大)を忘れずに貼って出してください。※重さは10キログラム以内
  ※毛虫に気をつけてください。

お問合せ先 環境局業務課 電話:093-582-2180

ごみレポート2013

『家庭ごみ収集制度見直し』後の「家庭ごみ収集量」、「リサイクル率」、「処理経費」を報告します。

■家庭ごみの収集量と市民1人1日あたりの家庭ごみ量
1人1日あたりの家庭ごみ量目標マイナス20%
-28%(198グラム)減量を達成!

家庭ごみの収集量と市民1人1日あたりの家庭ごみ量
年度 収集量 1人1日あたり
平成15年度(基準年) 25.3万トン 705グラム 
平成21年度 17.9万トン 506グラム
平成22年度 17.7万トン   505グラム
平成23年度 17.8万トン   509グラム
平成24年度  17.7万トン   507グラム 

■リサイクル率と一般廃棄物処理量
一般廃棄物のリサイクル率目標25%
19年度から6年連続で25%以上達成!

リサイクル率と一般廃棄物処理量
年度 一般廃棄物処理量 リサイクル率
平成15年度(基準年) 51.4万トン   15.0%
平成21年度 35.0万トン  30.4%
平成22年度 34.9万トン 30.2%
平成23年度 35.0万トン 28.2%
平成24年度 35.2万トン   27.9%

 (参考)一般廃棄物処理量は、家庭から出る家庭ごみ・粗大ごみや事業所から出る自己搬入ごみ、道路清掃で生じたごみなどの合計です。

■ごみ処理経費
総額ごみ処理経費31億円を削減しました。(平成15年度比)

ごみ処理経費
年度 焼却・埋立・リサイクル等 収集運搬 総額
平成15年度(基準年) 77億円 84億円 161億円
平成19年度(見直し後) 85億円 66億円  151億円
平成24年度  73億円  57億円 130億円

 市民の皆様や事業者の方々のご協力により、目標を上回る「ごみの減量」「リサイクルの促進」が6年連続で達成できました。
 引き続きご協力をお願いします。

お問合せ先 環境局循環社会推進課 電話:093-582-2187

第7回「北九州市3R活動推進表彰」の受賞者が決まりました

 「北九州市3R活動推進表彰」の表彰式は、平成25年10月19日(土曜日)に「エコライフステージ2013」で行われました。

【3R活動推進賞】

  • 医療法人 真鶴会 小倉第一病院(リデュ-ス賞)
  • 地球温暖化を考える北九州市民の会(リユース賞)
  • ひびき灘開発株式会社(リサイクル賞)

【3R活動推進奨励賞】

  • 大浦婦人会
  • 北九州市立湯川中学校
  • 北九州市八幡西区食生活改善推進員協議会
  • 八幡西区婦人会連絡協議会
  • 戸畑ESD実行委員会
  • たぶのきエコキッズ

お問合せ先 環境局循環社会推進課 電話:093-582-2187

使用済み蛍光管はリサイクルされています!

●使用済み蛍光管
  ↓
●蛍光管回収ボックス(市内約200箇所に設置)
  ※回収場所については、市のホームページまたは「分別大辞典」をご覧ください。
  北九州市 回収ボックス等設置場所
  ↓
●リサイクル工場
  北九州エコタウンにあるリサイクル工場((株)ジェイ・リライツ)でリサイクルしています。
 ガラス、蛍光体、アルミ・鉄、水銀
  ↓
●日本初の再生原料(蛍光体・ガラス)を使用した蛍光ランプ(商品名:よかランプ)

これからも、使用済み蛍光管のリサイクルにご協力ください。

お問合せ先
環境局環境未来都市推進室 電話:093-582-2630
環境局業務課  電話:093-582-2180

ごみの焼却(野焼き)はやめましょう!

 違反した場合は罰せられることがあります。(5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金)

例外として認められている焼却
●たき火など日常生活で通常行われる軽微な焼却
●農林漁業を営むためにやむを得ず行う焼却(稲刈り後の稲わらの焼却等)
●風俗慣習上又は宗教上の行事のための焼却
 (神社の「どんど焼き」等)…など
※ただし、例外として認められている焼却であっても、お近くの消防署に連絡された場合や近隣にお住まいの方から煙や臭いなどで苦情が寄せられた場合、環境局職員が現場へ赴き、注意・指導を行っています。
また、例外として認められていない廃棄物の野焼きについては、罰則が科せられることがありますので(5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金)、決して行わないでください。

お問合せ先
環境局監視指導課   電話:093-582-2177
新門司環境センター  電話:093-481-7053
日明環境センター   電話:093-571-4481
皇后崎環境センター  電話:093-631-5337

環境局からのお知らせ

風が弱い、気温が高い、日差しが強い、こんな日は 光化学スモッグにご注意を!

光化学スモッグが発生しているときに屋外にいると、目がチカチカしたり、のどが痛くなったりすることがあります。

「光化学スモッグが発生したときはどうしたらいいの?」

  1. 屋外での長時間の活動や激しい運動は控える。
  2. 目やのどに刺激や痛みを感じたときは、洗眼やうがいをする。(症状が改善しなければ病院へ)
  3. 健康被害を受けた場合は、各区役所総務企画課へ届出を。

光化学スモッグ注意報や警報の発令・解除は、テレビやラジオ、広報車などでお知らせします。
注意報発令により直ちに健康に影響があるわけではなく、通勤・通学・買物程度の外出や、屋外に洗濯物を干すことは特に問題ありません。

お問合せ先
環境局環境保全課  電話:093-582-2290
門司区役所     電話:093-331-1881
小倉北区役所    電話:093-582-3311
小倉南区役所    電話:093-951-4111
若松区役所     電話:093-761-5321
八幡東区役所    電話:093-671-0801
八幡西区役所    電話:093-642-1441
戸畑区役所     電話:093-871-1501

PM2.5ってどんなもの?

  • PM2.5 とは、大気中に含まれる直径が2.5マイクロメートル(1マイクロメートル(μm)=1000分の1ミリメートル(mm))以下の「微小粒子状物質」のことで、平成21年に環境基準が設定されました。 
  • 主な発生原因は、ディーゼル排ガスなど人為的なもの、土壌粒子など自然的なものに加え、硫黄酸化物などが大気中で化合して生成したものがあります。
  • 粒子が小さいため、吸い込んだ場合、肺の奥まで入りやすく、また、表面に様々な有害物質が吸着しているおそれがあることなどから、呼吸器疾患や循環器疾患などの健康影響が懸念されています。
  • 高濃度のPM2.5(日平均 1立方メートルあたり70マイクログラムを超える)が予想されるとき、国の暫定指針に基づき、福岡県が注意喚起を行います。

注意喚起が行われた際には、次の点にご注意ください。

  • 不要不急の外出や屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らす。
  • 換気や窓の開閉を最小限にし、外気の侵入をできるだけ少なくする。
  • 呼吸器系疾患をお持ちの方や小児、高齢者など、感受性の高い方は、体調に応じて慎重に行動する。

詳細については北九州市のホームページをご覧ください。
微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

お問合せ先 環境局環境保全課 電話:093-582-2290

光化学スモッグ・PM2.5の情報をいち早くキャッチするには

福岡県の防災気象情報や避難勧告等をメールで教えてくれる「防災メール・まもるくん」をご利用ください。
防災メールまもるくん(外部リンク)

響灘・鳥がさえずる緑の回廊 第9回植樹会 響灘埋立地に木を植えよう!

響灘埋立地に植樹をして「鳥がさえずる緑の回廊」を創り上げていきましょう。
【日時】平成26年3月29日(土曜日)8時30分受付
    9時~11時30分小雨決行
    (大雨時は翌日3月30日(日曜日)に順延)
【場所】北九州市若松区向洋町(国道495号沿い)
【参加費】無料
【参加方法】現地集合 申込不要
※スコップ、作業できる服装、軍手、水筒、タオル等はご持参ください。

■主催:鳥がさえずる緑の回廊植樹会実行委員会(NPO北九州ビオトープ・ネットワーク研究会/若松秋桜会/若松区自治総連合会)
■共催:北九州市
■協力:北九州市自然環境保全ネットワークの会/北九州市交通局

お問合せ先 環境局環境未来都市推進室  電話:093-582-2239

環境情報のホームページをご活用ください!

北九州環境みらい学習システム
市内の環境学習施設情報をはじめ、各施設で行っている体験プログラム、環境イベント等、最新の情報が満載!
見て、行って、北九州市の魅力をあらためて体感してください。
北九州環境みらい学習システム(外部リンク)

北九州エコライフステージ
毎年10月に開催される環境イベント「エコライフステージ」の情報をはじめ、地域の環境活動やイベント等の環境情報を総合的に発信しています。
“ていたんのエコカレンダー”もダウンロードできます。
北九州エコライフステージ(外部リンク)

お問合せ先 環境局環境学習課 電話:093-582-2784

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

環境局総務政策部総務課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2173 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。