ページトップ

ていたんプレス48号

環境情報誌「ていたんプレス」とは、環境施策の情報を提供するために、環境局が年3回発行し、全戸配布している情報誌です。

平成27年3月15日に配布した最新号「ていたんプレス」48号をホームページにて公開します。

※環境情報誌「かえるプレス」は46号より、「ていたんプレス」に名称を変更しました。

ていたんプレス48号の画像
ていたんプレス48号

今号は

  • わたしたちの街は、わたしたちの手できれいに 
    ~清潔できれいな「ごみステーション」を保っていくためには!
  • <トピックス>水素社会がはじまる!
    ~「水素」で走る燃料電池自動車が、私たちの街にも!
  • 「ごみ出し」はルールを守ってください
  • PCB処理を安全・早期に進めていきます
    【取り組み1】情報発信・地域活動拠点「北九州市 環境・コミュニティセンター」がオープンしました!
    【取り組み2】PCB処理に関する専用ホームページを開設しました!
  • 「カンパスシール」終了します!お早めにご利用ください!!
  • 「光化学スモッグ」「PM2.5」に関するお知らせです
  • 市庁舎1階「ていたんPRルーム」で情報発信中! 

に関する記事が掲載されています。
詳細は各項をクリックしてください。PDFファイルで開きます。
(音声読み上げソフトをご利用になる際はテキスト版をご活用ください。)

わたしたちの街は、わたしたちの手できれいに
清潔できれいな「ごみステーション」を保っていくためには!

春先から夏にかけて繁殖期を迎えるカラスによる「ごみステーション」の散乱被害等を防ぎ、清潔できれいな「ごみステーション」を保っていくため、ご協力をお願いします。

工夫(1) 防鳥ネットが、めくり上がらないようにペットボトル等で重しをしています。
工夫(2) カラスから見えないように「生ごみ」は新聞紙でくるんでいます。
※生ごみを捨てるときは、水分をできるだけ切ってごみを減量しましょう。

「やってはいけない例」
×収集日の前日の夜にごみを出す。
×防鳥ネットの中にごみ袋を入れない。
×事業所(店舗や事務所など)がごみを出す。
×決められた「ごみステーション」以外にごみを出す。

ごみステーションのことで、お困りごとがあれば各環境センターにご連絡ください。
ごみ出しルールを守らない人への指導や散乱防止のご相談なども行っています。

お問合せ先 環境局業務課 093-582-2180

【トピックス】水素社会がはじまる!
「水素」で走る燃料電池自動車が、私たちの街にも!

「究極のエコカー」と呼ばれる燃料電池自動車(FCV)の一般販売が昨年12月から始まりました。
また、燃料電池自動車に水素を充填する「商用水素ステーション」も、四大都市圏を中心に平成27年度末までに100箇所を目指した整備が進むなど、いよいよ「水素社会」が始まろうとしています。北九州市においても、燃料電池自動車を公用車として率先して導入するとともに、昨年10月には九州初の商用水素ステーションが市内に整備されました。

【燃料電池自動車(FCV)ってどんな車?】
燃料電池自動車は、空気中の酸素を取り込み、燃料の水素との化学反応により電気を作り出し、モーターを回して走る自動車です。走行中に排出されるのは、水(H2O)だけなので、「究極のエコカー」として期待されています。

○九州初の商用水素ステーション
小倉北区高浜に整備された九州では第一号(全国で2番目)となる商用水素ステーションです。

○北九州市エコタウンセンターのスマート水素ステーション
水素を作り、貯め、充填する機能をあわせ持つ九州初の小型水素ステーションの実証機です。

お問合せ先 環境局環境未来都市推進室 093-582-2630

環境局からのお知らせ

お知らせ1 「ごみ出し」はルールを守ってください

(1)新しく北九州市に転入された皆さまへ

《北九州市のごみ出しルール》
市の指定袋にごみを分別して入れ、収集日の朝、午前8時30分までに、決められたステーションに出してください。
※指定袋は、スーパーマーケット、コンビ二などで取り扱っています。(有料)

【指定袋の種類と収集日】

  • 家庭ごみ(週2回 指定された曜日)
  • かん・びん、ペットボトル(週1回 毎週水曜日)
  • プラスチック製容器包装(週1回 指定された曜日)

●粗大ごみは月に1回収集。電話またはインターネットによる事前申し込み制です。
●蛍光管、小物金属などの拠点回収も実施しています。
※詳細については、転入時に区役所、出張所で配られる「家庭ごみの分け方・出し方分別大事典」をご覧ください。
また、北九州市のごみの分け方・出し方については、市のホームページでも掲載しています。

北九州市ごみリサイクル

(2)事業所の皆さまへ

事業所から出る一般廃棄物(ごみ、資源化物)には市の指定袋は使えません。
次のとおり適切に処理をお願いします。
1.自ら市の処理施設や民間のリサイクル施設に持ち込む。
2.市の許可を受けた収集運搬業者に依頼する。

※なお、例外として、次の条件をすべて満たす事業所に限って市の指定袋による収集を行っています。
(1)住居と事業所建物が構造上一体である
(2)ごみ量が家庭並みに少ない
(3)家庭ごみとの区別が困難である

お問合せ先 環境局業務課 093-582-2180

お知らせ2 PCB処理を安全・早期に進めていきます

市内にあるPCBは、市民や事業者の皆さまの協力により、濃度の高い廃棄物については、全国に先駆けて処理が完了する見込みです。
市は、残る全てのPCBの処理を平成33年度末を期限に一日も早く完了させることを目標に、安全確保や処理推進の対策強化、市民の皆さまへの情報公開をこれまで以上に積極的に行っていきます。

取り組み1 情報発信・地域活動拠点「北九州市 環境・コミュニティセンター」がオープンしました!

PCB処理に関する進捗や安全対策をはじめ若松区響灘地区における環境の取り組みなど、本市の環境分野の情報の発信や地域活動の拠点となる施設です。
ぜひ、一度足をお運びください。
(若松区本町二丁目9-4明治町銀天街内)

取り組み2 PCB処理に関する専用ホームページを開設しました!

「PCBって何?」「どうやって処理されているの?」「どれくらい処理が進んでいるの?」といった皆さまの疑問にお答えするため、PCB処理に関する幅広い情報を掲載した専用ホームページです。
ぜひ、ご覧ください。
専用ホームページ:PCB処理に関する情報サイト(外部リンク)

ご要望に応じて地域の集会等に市の職員が出向き、PCB処理に関する説明を行います。
いつでもお気軽にお問い合わせください。

お問合せ先 環境局産業廃棄物対策室 093-582-2175

「ていたん」のごみ出しワンポイント!

スプレー缶、ガス缶は家庭ごみで出しましょう。

スプレー缶やガス缶を捨てるときに、どうやって処分したらいいか悩みますよね。
材質が缶でも、スプレー缶やガス缶は家庭ごみで出してください。
※爆発、引火の恐れがありますので、必ず使い切ってから、穴をあけないで出してください。

ていたん」のECO-QUIZ  エコクイズ 

【問題】 「3R」(スリーアール)とは
●ごみの発生を抑制する→リデュース(Reduce)
●何回も繰り返し使う→リユース(Reuse)
●再び資源として利用する→[     ]     
の「3つのR」です。
[     ]にあてはまる言葉はなんでしょうか?

(1)リモデル(Remodel) 
(2)リサイクル(Recycle) 
(3)リベンジ(Revenge)

※解答は下にあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ていたん」のECO-QUIZ エコクイズの答え!

【答】(2)リサイクル(Recycle)
「ごみを分別して出す」など、一人ひとりの心がけが、ごみの再資源化につながります。

お知らせ3 「カンパスシール」終了します!お早めにご利用ください!!

これまで多くの市民の皆さまにご参加いただいたカンパスシール事業は、マイバッグ持参が市民の皆さまに定着し、一定の役割を果たしたことから平成27年3月31日で事業を終了します。
※カンパスシールとは、市内の参加店で買い物をするとき、レジ袋を断るともらえるポイントシールです。

ご注意ください!

割引券としてご利用できる期間は平成27年6月30日までです。
※シール台紙に記載されている利用期限に関わらず、平成27年6月30日まで割引券として利用できます。
お手元にシールをお持ちの方は、上記の期限までにご利用ください。
※利用期限を過ぎたシールまたは20ポイントに満たないシールは割引券として利用できませんので、ご注意ください。

市民の皆さまのご協力により、いままで約1億2,200万枚のレジ袋が削減されました
(平成18年12月~平成26年12月)

【原油に換算】約2,230キロリットル(ドラム缶約11,200本)
【CO2削減効果】CO2削減効果 約7,320トン
 →【杉の森林の面積に換算すると】メディアドーム約176個分の森林が一年間に吸収するCO2の量に相当します。

引き続き、マイバッグ持参によるレジ袋削減にご協力ください。

お問合せ先 環境局循環社会推進課 093-582-2187

お知らせ4 「光化学スモッグ」「PM2.5」に関するお知らせです

光化学スモッグ注意報の発令・解除、PM2.5の注意喚起は、テレビやラジオ、広報車などでお知らせします。また、「防災メール・まもるくん」に登録するとメールで情報等が配信されます。

防災メールまもるくん(外部リンク)
※PM2.5の注意喚起は、暫定指針値(日平均70μg/m3)を超えると予測された場合、「午前8時ごろ」または「午後1時ごろ」に行うことになりました。

(1)「光化学スモッグ」の注意報発令のときは

1.屋外での長時間の活動や激しい運動は控える。
2.目やのどに刺激や痛みを感じたときは、洗眼やうがいをする。
 (症状が改善しなければ病院へ)
3. 健康被害を受けた場合は、各区役所総務企画課へ届出を。
※注意報発令により直ちに健康に影響があるわけではなく、通勤・通学・買物程度の外出や、屋外に洗濯物を干すことは特に問題ありません。
光化学オキシダント(スモッグ)について

(2)「PM2.5」の注意喚起のときは

1.不要不急の外出や屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らす。
2.換気や窓の開閉を最小限にし、外気の侵入をできるだけ少なくする。
3.呼吸器系疾患をお持ちの方や、小児、高齢者など、感受性の高い方は、体調に応じて慎重に行動する。
※注意喚起とは、すべての人に必ず健康影響が生じることを指すものではありません。
微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

■PM2.5濃度は、NHK(総合)データ放送で確認できます。

お問合せ先 環境局環境保全課 093-582-2290

お知らせ5 市庁舎1階「ていたんPRルーム」で情報発信中! 

「ていたんPRルーム」では、本市の環境の歴史や、様々な環境の取組みの展示などを行っています。
また、ていたん関連グッズの展示など「ていたん情報」が満載です。

○場所 北九州市庁舎1階 北側玄関付近
○開設時間 平日8時30分~17時

【ていたん活動日記】
昨年12月に実施した「北九州市環境首都検定」では、子どもたちや一般の受検者と一緒に、初めて「ていたん&ブラックていたん」が受検しました。

お問合せ先 環境局業務課 093-582-2173

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

環境局総務政策部総務課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2173 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。