ページトップ

公用車への次世代自動車の率先導入

 北九州市では、地球温暖化対策の一環として、公用車への次世代自動車の率先導入を進めており、市民や企業に積極的なPRを行っています。平成28年度までに電気自動車(EV)をはじめ、プラグインハイブリッド車(PHV)や燃料電池自動車(FCV)など57台を導入してます。

電気自動車の写真
電気自動車(EV)
燃料電池自動車の写真
燃料電池自動車(FCV)
燃料電池自動車の写真
燃料電池自動車(FCV)

このページの作成者

環境局環境国際経済部温暖化対策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2286 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。