ページトップ

北九州市水素ビジョン

 水素の利活用分野は幅広く、従来から石油精製、半導体製造およびアンモニア合成などの工業原料(産業ガス)として一般に使われてきましたが、近年ではこれに加えて家庭用、産業・業務用燃料電池や燃料電池自動車(FCV)等エネルギー分野への用途拡大が実用段階まで進んでおり、今後はバスや鉄道などを含む他の運輸分野、水素を燃料とする自家発電・商用発電など、更に水素エネルギー利活用が拡大すると予想されています。

 国においては、平成26年6月に「水素・燃料電池戦略ロードマップ」を策定(平成28年3月に改訂)し、水素社会の実現を目指しています。北九州市では、世界初の試みである「北九州水素タウン実証」他、水素社会の実現に向けた様々な取組を推進しており、先導的な役割を果たしています。

 このような背景の下、長期的な視点に基づき北九州市が目指す水素社会創造の方向性を示すとともに、市の取組の考え方を明らかにする「北九州市水素社会ビジョン」を平成29年3月にとりまとめました。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

環境局環境未来都市推進部温暖化対策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2286 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。