ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > ごみ・リサイクル・環境 > 環境保全 > 千葉県流山市からの溶融飛灰について

千葉県流山市からの溶融飛灰について

1 市が知った発端(平成23年6月27日)

平成23年6月27日に、東京都23区清掃一部事務組合が、同組合の「江戸川工場」の焼却飛灰から放射性セシウム(1キログラム当たり9,740ベクレル)が検出されたと発表しました。
この発表が報道され、初めて焼却飛灰に放射性セシウムが含まれる恐れがあることが判明しました。

2 市がとった措置

(1) 受入停止の指導(平成23年6月27日)

同日、この報道をWebページで知った本市は、光和精鉱株式会社に対して「関東から搬入されている飛灰については、放射線に注意すること」を指導しました。
この指導を受けた同社は、直ちに流山市に対して搬入停止を要請し、流山市も、これを了解して直ちに搬出が停止されました。
流山市からの搬入は1~2週間程度の間隔で行われていたことから、搬入の最終日は、平成23年6月13日(9.11トン)でした。
 

(2) 既に搬入していた飛灰に関する指導(平成23年7月13日)

平成23年7月12日(火曜日)の新聞に、「千葉県流山市が、同市の焼却場の灰から1kg当たり28,100ベクレルの放射性セシウムが検出されたと、発表した」との記事が掲載されました。
平成23年6月13日に光和精鉱株式会社に搬入された流山市の溶融飛灰は、平成23年7月13日の時点で既にリサイクルされ、亜鉛や銅などの金属が回収された後とのことでした。
しかし、金属回収後の残さ物が残っているとのことであったため、放射線量の測定を指導したところ、毎時0.2マイクロシーベルト以下とのことでした。この数値は、同社が通常取り扱っている鉱物と比較して高いものではないとのことでした。
本市は、残さ物から放射線が確認されたことから同社に対して、専門の分析業者に放射性物質の特定等を委託するよう指導しました。
同社では、分析業者(財団法人九州環境管理協会、株式会社九州テクノリサーチ)に分析を依頼しました。
以上のことを平成23年7月13日に本市から報道発表しました。

(3) 詳細な分析結果の報告(平成23年7月29日)

流山市から光和精鉱株式会社に、東日本大震災後に搬入された溶融飛灰のリサイクル後の残さ物について、平成23年7月29日、同社より詳細な分析結果の報告がありました。
分析機関によるサンプル分析(11検体)を行った結果、埋立できる基準(1キログラム当り8,000ベクレル以下)は下回っていましたが、放射性物質として取り扱う必要のない基準(1キログラム当り100ベクレル以下)を超えるものが含まれていました。
現在、放射性物質として取り扱う必要のない基準を超えるものが含まれていた6月処理分については、全体把握のための追加調査を行っています。
この分析結果について、平成23年7月29日に報道発表しました。

(4) 追加調査の結果(中間報告)及び本市の対応方針(平成23年8月23日)

6月に受入れた飛灰のリサイクル後の残さ物について、放射性物質が検出されたため、実施していた追加調査の報告が光和精鉱株式会社よりありました。
流山市の飛灰の処理開始日から処理完了4日後まで(6月10~17日)の残さ物(フレコンバッグ91袋≒91トン)の一部について、3袋ずつグループ化して試料を採取し(13グループ)、放射能濃度の分析を実施しました。その結果、7グループから、放射性物質として取り扱う必要のない基準(1キログラム当り100ベクレル以下)を超えるものが検出されました。
このため、光和精鉱株式会社に対して、1キログラム当り100ベクレルを超える残さ物について、他の工場が原料として引き取らない場合は、返却する方向で流山市と協議するよう指導しました。
また、今回の調査では、3袋ずつグループ化して試料を採取していることから、返却するには袋を特定する必要がありました。このため、1キログラム当り100ベクレルを超えているグループ(27袋)について1袋ずつ分析を行うとともに、今回の結果で1キログラム当り100ベクレルを超えるおそれがある未計測の袋(36袋)について、同様の分析を行うよう指導しました(計63袋)。
 

(5) 千葉県流山市の溶融飛灰残さ物の返却(平成23年11月17日)

8月23日の指導を受けて、11月17日、同社から、溶融飛灰のリサイクル後の残さ物について、放射能濃度の分析結果及び、返却に関する通知が流山市から同社に送られてきたことについて、本市に報告がありました。
8月に1袋ずつ分析することとした63袋のうち18袋(約18トン)について、放射性セシウム濃度が1キログラム当り120~495ベクレルでした。この18袋については、リサイクル原料として他の工場が引き取らなかったことから、流山市に返却することとなりました。同社では流山市と返却方法などを調整し、年内に返却することとしています。
 

(6) 千葉県流山市の溶融飛灰残さ物の返却日程等(平成23年12月6日)

光和精鉱株式会社が千葉県流山市から受託した溶融飛灰のリサイクル後の残さ物のうち、他の工場が原料として引き取らなかった物を流山市に返却することについて、返却日及び返却方法等の連絡が同社よりありました。

(7) 千葉県流山市へ返却完了の報告(平成23年12月15日)

光和精鉱株式会社から、12月9日に千葉県の流山市クリーンセンターへ搬入が完了したことの報告がありました。
返却の際は、鉄道の貨物コンテナへ積み込み、周囲の放射線量を測定の上、輸送しました。
なお、同社測定による積み込み完了後の貨物コンテナ周囲の放射線量は、毎時0.048~0.055マイクロシーベルトで、バックグラウンドにおける放射線量(毎時0.055マイクロシーベルト)との差はなく、問題ありませんでした。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

環境局循環社会推進部循環社会推進課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2187 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。