ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > ごみ・リサイクル・環境 > 地球温暖化対策 > 住宅用太陽光発電システムに関する注意喚起について
ページ本文

住宅用太陽光発電システムに関する注意喚起について

この度、消費者安全調査委員会において「住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等」に係る事故等原因調査の報告書が取りまとめられました。

消費者庁からは、住宅用太陽光発電システム所有者を始めとした消費者への注意喚起が行われています。

住宅用太陽光発電システム所有者におかれましては、必要な確認及び点検を行い、火災等の事故の防止に努めてください。

なお、住宅用太陽光発電システムを利用して売電を行う場合には、事業者として点検等の義務も併せて負う必要があります。

詳しくは、

【消費者庁報道発表】住宅用太陽光発電システムに起因した住宅の火災事故に注意!(外部リンク)

【消費者安全調査委員会報告書】住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等(外部リンク)

をご覧ください。

このページの作成者

環境局環境国際経済部地域エネルギー推進課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2238 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。