ページトップ

八幡東田地区の概要

東田土地区画整理事業区域約110ヘクタールに臨海部開発区域を加えたエリアにおいて、産業・業務・文化・居住等の機能が複合した街で、メディアパーク(約17ヘクタール)、ミューズパーク(約7ヘクタール)、タウンセンター(約12ヘクタール)、スペースワールド(約25ヘクタール)、アーバンレジデンス(約5ヘクタール)、臨海部のベイフロントパーク(約11ヘクタール)、ファクトリーパーク(約35ヘクタール)により構成されています。

八幡東田地区の地図

メディアパーク(約17ヘクタール)

九州ヒューマンメディア創造センター

「しごと」と「くらし」の情報拠点として、次世代を担う産業・業務施設などの複合集積拠点です。北九州市の情報化推進の中核を担う「九州ヒューマンメディア創造センター」の他、情報IT関連企業等が立地し、新しい産業・技術・生活・文化の創造・発信の基地としての役割を担っています。

ミューズパーク(約7ヘクタール)

環境ミュージアム

北九州市の「SHINE博物館構想」のもと、環境ミュージアム、いのちのたび博物館、北九州産業技術保存継承センターが立地し、環境・学習・遊びが一体となった自由時間拠点を形成しています。

タウンセンター(約12ヘクタール)

東田大通り

JR鹿児島本線スペースワールド駅からつらなる幅員100メートルのシンボル空間(東田大通り)を中心に、生活に密着した商業施設が立地し、街の中心部にふさわしい賑わいの場を提供しています。

アーバンレジデンス(約5ヘクタール)

環境共生住宅の画像

170キロワット級の太陽光発電設備やカーシェアリング設備等の環境にやさしい設備や充実した緑を備えた環境共生住宅が立地し、環境と共生する21世紀型住居としてのあり方を提案しています。

 I街区 平成20年3月竣工
 II街区 平成21年3月竣工

ファクトリーパーク(約35ヘクタール)

天然ガスコジェネ発電施設

新日鉄住金(株)八幡製鉄所の工場で、当該敷地内に設置されている天然ガスコジェネ発電電力をグリーンビレッジ地区内に立地している施設に供給しています。

ベイフロントパーク(約121ヘクタール)

ベイフロントパーク遊歩道

波静かな洞海湾に面したベイフロントパークでは、その立地を活かした親水緑地や交流・レジャー施設、天然温泉、結婚式場などが立地し、市民の活発な交流と親水体験の場を提供するアーバンリゾート拠点です。

このページの作成者

環境局環境未来都市推進部温暖化対策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2286 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。