ページトップ

新折尾駅舎のデザイン(案)

新折尾駅舎のデザインについては、平成24年2月に「おりお未来21協議会」からの要望書(※)を受け、市とJR九州で連携して検討を進めています。

このたび、新折尾駅舎のデザイン案とその基本的な考え方を発表します。

折尾駅舎の保全・活用に向けた基本的な考え方

新折尾駅舎デザイン(案)
新折尾駅舎デザイン(案)(左側:鹿児島本線、右側:筑豊本線)

【折尾駅舎の保全・活用に向けた基本的な考え方】

  • 構造や部材等の調査を行い、歴史資料とともに記録を整理・保存します。
  • 大正5年当時の駅舎の外観については、可能な限り再現します。
  • 駅舎のシンボル的な部材については、保存・復元を基本とします。

【(※)要望書(平成24年2月15日 おりお未来21協議会から、北九州市・JR九州へ)の概要】

 折尾駅舎の保全・活用には、歴史的な外観を有する建造物として、北口に整備される折尾地区のメインゲートを担う「新駅舎」での再現を望みます。

(参考)新しい折尾駅舎の位置について

 現在の折尾駅は、大部分が鉄道高架となるため廃止し、現在整備を進めている北口駅前広場に新たな駅舎を建設する計画です。

既存駅舎と新駅舎の位置関係
新折尾駅舎(計画)と既存駅舎位置

(参考)新しい折尾駅舎の特徴

改札を集約
新折尾駅舎の整備イメージ(改札口を1箇所に集約)

(参考)折尾駅・駅周辺の整備イメージ

南側から鳥瞰
折尾駅・駅周辺整備イメージ図

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

建築都市局折尾総合整備事務所計画課
〒807-0834 北九州市八幡西区北鷹見町13番10号
電話:093-602-3108 FAX:093-602-3128

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。