ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > ビジネス・産業・まちづくり > 都市計画・建築・景観・開発 > 建築 > 多人数の居住実態がある建築物に関する対策

多人数の居住実態がある建築物に関する対策

多人数の居住実態がありながら防火関係規定などの建築基準法違反の疑いのある建築物(違法貸しルーム)に係る情報受付窓口を設置しました。

多数の人が寝泊りし実質的に居住していながら、各部屋の仕切りが燃えやすい材料でできている、窓がないなど建築基準法に違反している建築物の存在が問題となっています。

北九州市では、こうした建築基準法違反の疑いのある建築物の情報を受付けています。例えば、

  • 住宅や倉庫、事務所ビル等を改造し、元々の部屋を人一人がようやく寝起きできる程度の空間に区切って人が住んでいる
  • 戸建て住宅地の中にありながら、貸しオフィスや貸し倉庫として募集がされ、実際にはその建物で大勢の人が寝起きをしている

など、情報提供にご協力をお願いします。

情報受付窓口

北九州市建築都市局指導部建築指導課
電話:093-582-2531
FAX:093-561-7525
メール:toshi-kenchikushidou@city.kitakyushu.lg.jp

参考

詳しくは国土交通省のホームページをご参照ください。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

建築都市局指導部建築指導課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2531 FAX:093-561-7525

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。