ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 建築物・宅地の安全 > 屋内プール等の大規模空間を持つ建築物の吊り天井の脱落対策について

屋内プール等の大規模空間を持つ建築物の吊り天井の脱落対策について

建築物の所有者、管理者又は占有者の方へ

 平成25年7月14日に静岡県立富士水泳場において、屋内プールの吊り天井の天井板等の大規模な脱落が生じるとともに、同月27日に横須賀市立北体育館屋内プールにおいて吊り天井の立ち上がり部分の天井板の一部の脱落が生じました。
 建築基準法第8条第1項では、建築物の所有者、管理者又は占有者は、建築物の敷地、構造及び建築設備を常時適法な状態に維持するよう努めなければならないこととされています。
 建築物の所有者、管理者又は占有者におかれましては、別添の国土交通省住宅局建築指導課長からの技術的助言を踏まえた点検を実施し、必要に応じて対策をとるなど、大規模空間を持つ建築物の吊り天井について一層の安全確保に取り組まれるようお願いします。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

建築都市局指導部建築指導課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2531 FAX:093-561-7525

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。