ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 住まい・上下水道 > 住宅 > 住宅をリフォームしたい > 北九州市内の住宅に利用できるリフォーム補助制度のご案内

北九州市内の住宅に利用できるリフォーム補助制度のご案内

 北九州市内にある住宅をリフォームする際に、一定の要件を満たすことで、市の補助制度だけでなく国や県の補助制度が利用できる場合があります。
 制度により適用の要件や募集期間などは様々ですので、各々のお問合せ窓口で確認の上、ご活用ください。
 なお、各制度の予算には限りがあり、募集が終了している場合がありますので、予めご了承ください。
 

※お知らせ

北九州市の平成30年度事業について

平成30年度は、以下の事業の新規・拡充等を行っています。

《新規》【住まいの安全安心・流通促進事業】

 耐震性能がある(又は改修工事により耐震性能があることになる)既存住宅を新たに購入又は賃借して、自ら居住するために実施するエコや子育て・高齢化対応に資するリフォーム工事に対して、その費用の一部を補助します。

※7月4日(水曜日)より受付を開始する予定です。
※6月25日、26日に事業説明会(どなたでも、ご参加いただけます)を開催する予定です。
 

《拡充等》【北九州市住宅・建築物耐震改修工事費等補助事業】
 木造住宅の耐震化の促進を図るため、従前の耐震改修工事等の補助内容を一部拡充、追加しました。

 以下は、各事業の内容です。

1 どなたでも利用できる(年齢などの制限がない)補助制度

1-1 北九州市住宅・建築物耐震改修工事費等補助事業 [北九州市]

 昭和56年5月31日以前に建築または工事着手された市内の住宅(いわゆる「旧耐震基準」で建てられた住宅)で、「補助対象となる住宅規模等」に該当する住宅に対し、耐震改修費用などの一部を市が支援(補助)する制度です。
※交付申請は、工事契約を行う前にする必要がありますので、事前にご相談ください。

「補助対象となる住宅規模等は」…

(1) 木造住宅 【補助限度額100万円】

  地階を除く階数が2以下のもの。

(2) マンション 【補助限度額 [分譲] 50万円/戸 [賃貸] 30万円/戸】

  延べ面積が1,000m2以上かつ地階を除く階数が3以上の準耐火または耐火建築物のもの。
※マンションについては、耐震診断に対する補助もありますのでお問合せください。

(3) 耐震シェルター等 【補助限度額15万円/戸】

  高齢者等が住む木造戸建て住宅

住宅・建築物耐震改修工事費等補助事業(住宅・マンション)に関するお問い合わせ先

  北九州市 建築都市局 住宅部 空き家活用推進室

  【電話】 093-582-2777 
  【ホームページ】 北九州市住宅・建築物耐震改修工事費等補助事業 [空き家活用推進室]
  
※木造住宅の耐震診断については、福岡県の「耐震診断アドバイザー派遣制度」が利用でき、1件あたり3,000円または6,000円の自己負担で受けることができます。  

耐震診断メニュー [福岡県]

 (1) 自己負担 3,000円 : 耐震診断のみ
 (2) 自己負担 6,000円 : 耐震診断+小屋裏・床下進入調査(+耐震補強計画+工事概算見積)

 ※()は希望者のみ
 ※本市の耐震改修費等補助を受ける場合は、6,000円(耐震補強計画を含む)のコースが必要です。

福岡県耐震診断アドバイザー派遣制度に関するお問い合わせ先

  住まいの安心リフォームアドバイザー派遣事務局 [福岡県]

  【電話】 092-582-8061 (生涯あんしん住宅)  092-781-5169 (一般財団法人 福岡県建築住宅センター)
  【ホームページ】 一般財団法人 福岡県建築住宅センター(外部リンク)

2 既存住宅を新たに購入・賃借する方のみが利用できる補助制度

2-1 住まいの安全安心・流通促進事業 [北九州市]

 耐震性能がある(又は改修工事により耐震性能があることになる)既存住宅を新たに購入又は賃借して、自ら居住するために実施するエコや子育て・高齢化対応に資するリフォーム工事に対して、その費用の一部を市が支援(補助)する制度です。

補助対象者は…

 下記のいずれにも該当する方が対象となります。

(1)市内にある補助対象住宅を平成30年4月1日以降に新たに購入又は賃借※1して、自ら居住するために補助対象工事を実施する者
(2)市税を滞納していない者
(3)暴力団員でなく、暴力団及び暴力団員と密接な関係を有しない者

※1 賃借人は、工事内容や原状回復義務の免除等に関して所有者の同意を得ている者に限る。

補助対象住宅は…

 下記のいずれかに該当する住宅が対象となります。

 (1)昭和56年6月1日以降に工事着手した既存住宅※2(戸建て、マンション等の形式は問わない)
 (2)昭和56年5月31日以前に工事着手した木造の既存住宅※で、耐震診断の結果、耐震性能がある(評点が1.0以上である)ことが確認されたもの
 (3)昭和56年5月31日以前に工事着手した木造の既存住宅※で、リフォーム工事と併せて耐震改修工事を行うことにより、耐震性能があることになる(評点が1.0以上になる)もの

※2 既存住宅とは、新築住宅(新たに建設された住宅で、まだ人の居住の用に供したことがなく、建設工事の完了の日から起算して1年を経過していないもの)以外の住宅。

→(3)の住宅は、当事業と「1-1 北九州市住宅・建築物耐震改修工事費等補助事業」の補助金を併用することができます。(補助対象箇所が重複しないなどの条件あり)

補助対象工事は…

下記の工事で「市内業者」が請負って行われるものが対象となります。

エコ工事 断熱工事(開口部、屋根・天井、外壁、床)
浴室断熱を伴うユニットバス設置工事
子育て・高齢化対応工事 バリアフリー化工事(段差解消、手すり設置)
ヒートショック対策工事(浴室暖房、床暖房)

 補助額は…

建築時期 耐震診断 耐震性能 耐震改修 補助上限額(補助率)

S56.6以降建築

(マンション等を含む)

不要 あり 不要 30万円(1/6)

S56.5以前建築

(木造住宅)

必要 あり
なし 必要

30万円(1/6)

[+100万円※3][4/5]

※3 「北九州市住宅・建築物耐震改修工事費等補助事業」を併用した場合

住まいの安全安心・流通促進事業に関するお問い合わせ先

  北九州市 建築都市局 住宅部 空き家活用推進室

  【電話】 093-582-2777 
  【ホームページ】 住まいの安全安心・流通促進事業 [空き家活用推進室]

3 若年世帯や子育て世帯のみが利用できる補助制度

3-1 既存住宅流通・多世代居住リノベーション推進事業 [福岡県]

 若年世帯(配偶者との年齢の合計が80歳以下の世帯)や子育て世帯(同居者に18歳未満の者又は妊娠している者がいる世帯)が中古住宅を購入、または親世帯と近居または同居し生活するために必要な改修工事費用の一部を福岡県が支援(補助)する制度です。

 補助対象工事は…

 (1) 子育てリノベーション 【補助限度額30万円】

   若年世帯または子育て世帯が、既存住宅を購入して、自ら居住するために実施する子育て対応改修工事。
 ※「住まいの健康診断(有料・補助制度あり)」を受診していただく必要があります。

 (2) 近居・同居リノベーション 【補助限度額30万円+20万円】

   若年世帯または子育て世帯が、既存住宅を購入して、自ら居住するために実施する子育て対応改修に加え、親世帯と近居または同居するために行う高齢化対応改修工事。
 ※「住まいの健康診断(有料・補助制度あり)」を受診していただく必要があります。

 (3) 同居リノベーション 【補助限度額30万円】

   若年世帯または子育て世帯が、親世帯の持家に対し、親世帯の住宅に同居するために行う子育て対応改修工事。

既存住宅流通・多世代居住リノベーション推進事業に関するお問い合わせ先

 福岡県 建築都市局 住宅計画課

 【電話】 092-643-3734
 【ホームページ(既存住宅流通・多世代居住リノベーション推進事業について)】 福岡県(外部リンク)
 【ホームページ(住まいの健康診断について)】 一般財団法人 福岡県建築住宅センター(外部リンク)

4 要介護・要支援者や障害者のみが利用できる補助制度

4-1 介護保険制度(住宅改修費の給付) [厚生労働省/北九州市]

 介護保険の要介護認定または要支援認定を受けた人が、在宅での生活に支障がないように住宅を改修した場合に、改修費用の一部を保険から給付する制度です。

 介護保険の対象となる改修工事は…

 手すり設置、段差の解消、滑り防止や移動円滑化のための床材変更、引き戸取替え、洋式便器取替え、その他前記工事に付帯して必要となる住宅改修。

介護保険制度(住宅改修費の給付)に関するお問い合わせ先

 各区役所 保健福祉課 介護保険担当

  • 門司区役所 【電話】 093-331-1881
  • 小倉北区役所 【電話】 093-582-3433
  • 小倉南区役所 【電話】 093-951-4111
  • 若松区役所 【電話】 093-761-5321
  • 八幡東区役所 【電話】 093-671-0801
  • 八幡西区役所 【電話】 093-642-1441
  • 戸畑区役所 【電話】 093-871-1501

【ホームページ】 介護保険制度(住宅改修費の給付) [北九州市 保健福祉局 地域福祉部 介護保険課]

4-2 すこやか住宅改造助成事業 [北九州市]

 介護保険の要介護認定または要支援認定を受けた人、または障がいのある方で障害者手帳をお持ちの方が、在宅での生活に支障がないように住宅を改修した場合に、改修費用の一部を市が支援(補助)する制度です。(所得要件があります。)

 補助対象工事は…

 (1)介護保険の対象となる工事

 (2)介護保険の対象となる工事以外で、玄関、廊下、階段、洗面所、浴室、便所、台所、居室など、介護を必要とする人が利用する部分に関する改造工事で、市が必要と認める工事

すこやか住宅改造助成事業に関するお問い合わせ先

 各区役所 高齢者・障害者相談コーナー

  • 門司区役所 【電話】 093-321-4800
  • 小倉北区役所 【電話】 093-571-4800
  • 小倉南区役所 【電話】 093-952-4800
  • 若松区役所 【電話】 093-751-4800
  • 八幡東区役所 【電話】 093-671-4800
  • 八幡西区役所 【電話】 093-645-4800
  • 戸畑区役所 【電話】 093-881-4800

 【ホームページ】 すこやか住宅改造助成事業 [北九州市 保健福祉局 地域福祉部 長寿社会対策課]

このページの作成者

建築都市局住宅部空き家活用推進室
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2777 FAX:093-582-2694

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。