ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 住まい・上下水道 > 住宅 > 住宅宿泊事業(民泊)に伴う「マンション標準管理規約」の改正

住宅宿泊事業(民泊)に伴う「マンション標準管理規約」の改正

平成29年6月に住宅宿泊事業法が成立し、今後、分譲マンションにおいても住宅宿泊事業(民泊)が実施され得ることとなります。分譲マンションにおける民泊をめぐるトラブル防止のためには、民泊を許容するか否かについて、あらかじめ管理規約上明確化しておくことが望ましいものと考えられます。

このため、民泊実施を可能とする場合と禁止する場合の双方の規定例を示すため、平成29年8月29日付で「マンション標準管理規約」が改正されました。

(※マンション標準管理規約とは、管理組合が管理規約を制定、変更する際に参考とする標準モデルとして国土交通省が作成・公表しているものです。)

国土交通省において、ホームページ(以下、外部リンク)に掲載しておりますので、ご参照ください。
また、ご相談については「住宅相談コーナー」をご利用ください。

マンション標準管理規約の改正の概要について

専有部分の用途を定める第12条を改正し、住宅宿泊事業法に基づく住宅宿泊事業を可能とする場合と禁止する場合の双方の規定例が示されています。

<国土交通省ホームページ>

マンション標準管理規約及び同コメント

「マンション標準管理規約コメント」(解説)において、住宅宿泊事業のうち、住宅宿泊事業者が同じマンション内に居住している等のいわゆる家主居住型のみ可能とする場合等の規定例を示すなど関連の留意事項も示されています。

<国土交通省ホームページ>

このページの作成者

建築都市局住宅部住宅計画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2592 FAX:093-582-2694

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。