ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 建築物・宅地の安全 > ブロック塀の安全対策

ブロック塀の安全対策

 平成30年6月、大阪府北部において発生した、最大震度6弱の地震においては、ブロック塀等の倒壊により、尊い命が奪われました。
 ご自宅のブロック塀の安全を確認し、このような事故が起きないよう、地震に備えることが大切です。
 ブロック塀の安全を確認する方法は次のとおりです。
 なお、レンガや石積などの塀については、傾きや、ひび割れ等を確認して下さい。

点検のチェックポイント(国土交通省作成)

ブロック塀の画像

補強コンクリートブロック造 (鉄筋が入ったブロック造) の塀の場合

1.塀は高すぎないか
・塀の高さは地盤から2.2m以下か。
2.塀の厚さは十分か
・塀の厚さは10cm以上か。 (塀の高さが2m超2.2m以下の場合は15cm以上)
3.控え壁はあるか。 (塀の高さが1.2m超の場合)
・塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した控え壁があるか。
4.基礎があるか
・コンクリートの基礎があるか。
5.塀は健全か
・塀に傾き、ひび割れはないか。

<専門家に相談しましょう>
6.塀に鉄筋は入っているか
・塀の中に直径9mm以上の鉄筋が、縦横とも 80cm間隔以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか。
・基礎の根入れ深さは30cm以上か。 (塀の高さが1.2m超の場合)

組積造 (れんが造、石造、鉄筋のないブロック造) の塀の場合

1.塀の高さは地盤から1.2m以下か。
2.塀の厚さは十分か。
3.塀の長さ4m以下ごとに、塀の厚さの1.5倍以上突出した控え壁があるか。
4.基礎があるか。
5.塀に傾き、ひび割れはないか。

<専門家に相談しましょう>
6.基礎の根入れ深さは20cm以上か。

点検のチェックポイントのうち該当するものがあれば、建築士などの専門家に相談しましょう。
ブロック塀は私的財産です。所有者の責任において管理が必要です。
北九州市では下記のような無料相談窓口を設置しています。ブロック塀の改修方法などについての相談にも応じております。ご活用ください。

なお、安全点検の結果、危険性が確認された場合には、付近通行者への速やかな注意表示等及び補修、撤去等が必要です。

ブロック塀に関する無料相談

相談場所

  北九州市立商工貿易会館1階 (財)福岡県建築住宅センター北九州事務所内
  「住宅相談コーナー」  住まいの安全・耐震に関する相談
  電話:093-533-5443
  住所:〒802-0082 北九州市小倉北区古船場町1番35号

一般相談受付日時:月から金曜日 8時45分から12時、13時から17時30分(祝祭日その他休日を除きます。)

※専門家による特別相談の場合は、下記のとおり事前に予約が必要です。

相談日時

  第1・3金曜日  13時30分から17時 (要予約)

相談方法

  写真、図面などを持参の上お越し下さい。

関係先リンク

このページの作成者

建築都市局指導部建築指導課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2531 FAX:093-561-7525

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。