ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 建築物・宅地の安全 > 宅地防災のポイント

宅地防災のポイント

あなたの家の擁壁は大丈夫でしょうか?(危険な擁壁)

あなたの宅地の擁壁は以下の形式に含まれていませんか?
もし、これらが含まれていれば、従来、宅地の擁壁として適さないものです。
現在、変状がない場合でも構造上の問題について専門家に相談しましょう。
さらに、変状が見られる場合は、非常に危険な状態ですので早急な対応が必要です。

擁壁の図
1.空石積み擁壁 ;2.増し積み擁壁 3.2段擁壁 4.張出し床板付擁壁 5.空洞ブロック積み擁壁

あなたにもできる擁壁のチェック

チェックの対象となるのは、以下の種類の擁壁(高さ1m以上)です。

チェックの対象となる擁壁の図
1.練石積みコンクリートブロック擁壁 2.重力式コンクリート擁壁 3.鉄筋コンクリートL型擁壁

チェックシートはこちらからダウンロードしてください。  

(参考) 重力式コンクリート擁壁と鉄筋コンクリートL型擁壁の見分け方については、こちらを参考にしてください。

あなたにもできる土砂災害の防止策

宅地の所有者は、宅地を常時安全な状態に維持するように努めなければなりません。

防止策イラスト

※ 家屋を取り壊した宅地に雨水が多量に浸入したことにより、崖崩れ等が発生しています。宅地をビニール等で被うなどにより、雨水の浸入を防ぎましょう。

危険ながけには早めの対策を!がけの補修・新設などをするときは連絡を!

宅地造成工事規制区域内で、がけの補修、新設などをするときは、届出や許可が必要な場合があります。
なお、宅地指導課では技術的な指導も行っています。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

建築都市局指導部宅地指導課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2644 FAX:093-561-7525

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。