ページトップ

狭あい道路拡幅整備事業

狭い道路を広げて安心・安全な道にしませんか

 幅4m未満の狭い道路(狭あい道路)は、緊急時の消火活動や救急活動の支障となるばかりでなく、日当たりや風通しといった居住環境への影響など、様々な問題を抱えています。
 北九州市では、狭あい道路に接した建築物の建替えなどをする際に、敷地の一部を道路として広げることを促し、防災性に優れた安全な住宅市街地の形成と居住環境の向上を図るため、「北九州市狭あい道路拡幅整備事業」を実施しています。

お知らせ

狭あい道路拡幅整備要綱の改定について

 平素より狭あい道路拡幅整備事業へのご協力ありがとうございます。
 効果的、効率的な住環境整備を進めるため、平成29年度以降は、住宅用途の建築行為を伴う案件(住宅以外の用途を主な目的とした建築を行う案件、分譲・賃貸住宅等営利を目的とした建築を行う案件を除く。)に特化した整備を進めてまいります。
 また、本年度も予算に限りがあるため、予算がなくなり次第本年度の募集を終了させていただきます。

 狭あい道路拡幅整備要綱の改定概要については、以下の新旧対照表をご覧下さい。

 北九州市狭あい道路拡幅整備要綱新旧対照表(PDF形式:35KB)

狭あい道路拡幅整備事業とは

 狭あい道路に接し、セットバックしなければならない土地を市に寄付していただくことにより、道路の拡幅整備を行う事業です。

事業の内容

 後退用地を市に寄付していただき、市が道路整備を行い、市道として管理します。
※支障物件の移設等は建築主又は土地所有者が行うものとします。

市が行う整備

狭あい道路画像1
  1. 登記(所有権移転)
  2. 後退用地の道路整備(舗装工事など)
  3. 後退用地を市道として管理

市の助成内容

狭あい道路画像2

奨励金の交付(土地所有者に対して)

  1. 後退用地奨励金
  2. 隅切り等用地奨励金 

助成対象敷地

「市道である建築基準法第42条第2項で定める道路」に接している敷地

助成対象者

次の条件を満たすもの。

「市道である建築基準法第42条第2項で定める道路で、後退用地を市に寄付するもの」

詳しくお知りになりたい方へ

「狭あい道路拡幅整備事業」について詳しくお知りになりたい方は、下記の資料をご覧下さい。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

建築都市局住宅部住宅計画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2592 FAX:093-582-2694

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。