ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > ビジネス・産業・まちづくり > 都市計画・建築・景観・開発 > 建築 > 市街化調整区域における建築物の規制

市街化調整区域における建築物の規制

 本市では平成12年の建築基準法の改正に伴い、都市計画区域のうち用途地域の指定のない区域(北九州市の場合、全て市街化調整区域になります。)における容積率、建ぺい率及び建築物の高さ制限(道路斜線・隣地斜線)について、下記のとおり見直しを行い平成16年5月17日から施行しています。

建築形態規制値

容積率は現況の土地利用の実態を踏まえて、200%に変更します。
他の規制値については従前のままとします。
指定区域は市街化調整区域全域とします。

制限 従前 見直し指定後
容積率 400% ※ 200%
建ペイ率 70% ※ 70%
道路斜線 1.5 1.5
隣地斜線 31m+2.5 31m+2.5

 ※都市計画法により別途制限が定められています

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

建築都市局指導部建築指導課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2531 FAX:093-561-7525

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。