ページトップ

優良宅地認定制度

良好な宅地の円滑な供給を図る観点から、租税特別措置法において土地譲渡益重課税の適用除外、又は特定長期譲渡所得課税の適用の対象となる土地等の譲渡が定められています。

平成10年1月1日から平成29年3月31日までの間に、長期・短期所有土地などを譲渡した場合は、重課措置は適用されません。
このため、短期土地譲渡益重課適用除外認定及び一般土地譲渡益重課適用除外認定の必要はありません。

優良宅地

下記のような宅地が、優良宅地の対象となります。

  1. 都市計画法の開発許可をとっている宅地
  2. 1,000平方メートル未満のもので開発許可の技術基準に準じた宅地造成
  3. 開発許可を要しない1,000平方メートル以上の宅地

  ※優良宅地認定申請をされる場合は、事前に宅地指導課までご相談ください。

このページの作成者

建築都市局指導部宅地指導課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2644 FAX:093-561-7525

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。