ページトップ

景観法に基づく届出

届出について

 北九州市では、景観に関し、昭和59年に「北九州市都市景観条例」、下関市と共同で広域景観の取り組みとして、平成13年に「関門景観条例」を制定する等、自主条例やガイドラインにより景観誘導を行ってきました。
 平成16年の景観法の制定を受けて、平成20年7月に景観法に基づく「北九州市景観計画」を策定、平成21年4月より景観法に基づく届出制度を開始しました。
 また、平成23年4月1日より、「関門景観形成地域」(旧名称:関門景観形成地区)についても、景観法に基づく届出が必要となりました。

届出対象となるエリア・行為

 本市では、市全域を景観計画区域と定め、さらに、地域の特性に応じた景観形成を図る地域・地区を定めており、それぞれにおいて一定規模以上の建築物・工作物の建築行為等を行う場合、届出が必要となります。
 地域・地区により届出対象行為・規模が異なりますのでご注意ください。

■届出対象区域

景観計画区域図
届出対象行為

届出窓口

建築都市局総務部都市景観課
電話番号:093-582-2595

景観パンフレット・届出の様式

景観届出パンフレット・届出の様式のダウンロードのページで地域・地区ごとにダウンロードすることができます。
 
(1)景観法に基づく届出(法第16条第1項)~一般の場合
行為の着手の30日前までに、必要書類を添付の上、届出書を正本1部・副本1部ご提出ください。
(2)景観法に基づく変更の届出(法第16条第2項)~届出に係る事項を変更しようとする場合は、お問い合わせください。
(3)景観法に基づく通知(法第16条第5項)~国の機関又は地方公共団体が行う行為の場合

(注意事項)

※1 複数の地域・地区に重複して該当する場合、届出は個別とせず、該当する地域・地区欄に所定の事項をご記入ください。 
なお、関門景観形成地域の届出に該当しない場合は、様式の『11.「建築物等の形態意匠に関する行為の制限」について配慮した事項(関門景観の形成)』の添付は必要ありません。
※2 届出等が必要ない場合、罰則は適用されず、勧告・公表には至りませんが、北九州市の良好な景観の形成のため、景観法に基づく景観計画に定めた方針・行為の制限については、基準を遵守いただきますようお願いします。

屋外広告物について

屋外広告物の手引き(デザイン編)(PDF形式:2285KB)
(屋外広告物についての詳細は、屋外広告物のページ

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

建築都市局総務部都市景観課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2595 FAX:093-582-2503

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。