ページトップ

建築関係支援

 建築に関する被災者支援内容です。

仮設建築物に対する制限の緩和(建築基準法第85条)

1 制度概要

 被災区域等で市長が指定した区域において、その災害で被災した建築物の応急修繕工事等について法定基準や建築確認等の制限が緩和されることがあります。

2 窓口(担当課等)

 建築都市局建築審査課 093-582-2539

建築確認申請手数料の減免制度

1 制度概要

 (1)災害により減失し、又は破損した建築物等を建築し、又は大規模修繕を行う場合で市長が必要と認めた時は、確認申請手数料の一部を減額します。
 (2)災害により減失し、又は破損した住宅を当該減失又は破損した日から6月以内に建築し、又はその大規模修繕を行う場合は、確認申請手数料を免除します。

2 窓口(担当課等)

 建築都市局建築審査課 093-582-2539

このページの作成者

危機管理室危機管理課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2110 FAX:093-582-2112

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。