ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 消防・防災 > 急な大雨にご注意を

急な大雨にご注意を

今年も猛暑の季節を迎え、日本各地で高温注意情報が発表されています。このような時期は強い日射の影響により急激な気象の変化をもたらし局地的な大雨への注意が特に必要です。

急な大雨や雷・竜巻から身を守るために

朝は晴れて良い天気だったのに、午後になったら天気が急変して突然の雷雨に・・・こんな経験をされた方も多いと思います。この天気の急変の原因は、「積乱雲」(せきらんうん)という雲です。

発達した積乱雲は、時に、「急な大雨」「雷」「ひょう」「竜巻」などの激しい現象を引き起こし、これらによって毎年のように死傷事故が起きています。

これらの事故は、ちょっとした心がけと行動で防ぐことができます。

「急な大雨」による災害

発達した積乱雲がもたらす大雨は、雷を伴って短時間に狭い範囲で激しく降ります。降り始めから、わずか十分程度で中小河川が増水したり、低地や道路のアンダーパス(線路や道路をくぐる地下部分)が冠水することがあります。

また、川の上流で降った大雨により急に増水し、大雨が降っていない下流で水難事故が発生することがあります。

このページの作成者

危機管理室危機管理課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2110 FAX:093-582-2112

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。