ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 子育て > 「すくすく子育ちフェスタ」を活用した男性の家事・育児参加促進事業を終えて

「すくすく子育ちフェスタ」を活用した男性の家事・育児参加促進事業を終えて

すくすく子育ちフェスタ

すくすく子育ちフェスタ背景

今回で3回目となる「すくすく子育ちフェスタ」。
平成24年12月23日(日曜日・祝日)に、西日本総合展示場新館で開催しました。
「すくすく子育ちフェスタ」は、北九州市が、子育て日本一を実感できるまちづくりを進めていることをPRするイベントです。
「赤ちゃんの駅」や「わらべの日」協力企業・団体、子育て支援団体など、49もの企業・団体にご参加いただき、約8,600人の方にご来場いただきました。どうもありがとうございました。

今回、男性の家事・育児参加への意識向上を目的として、このフェスタ会場内で、父親と子どもがふれあうことができるステージイベントの開催や、ブースを出展することにしました。

パパやママと○×クイズ

○×クイズの写真1

ステージイベントの一つ、「パパやママと○×クイズ」では、親子が一緒に考えながら、○や×と答えていきました。

○×クイズで勝ち上がり、ステージに上がった子どもたちは、ちょっと緊張気味。それでも、司会者が「お名前を教えてください。」と尋ねると、元気よく答えていました。

勝ち残った子どもたちに、クリスマスブーツ(お菓子)をプレゼントすると、子どもたちは大喜びでした!

○×クイズに参加したパパに感想を尋ねると、「楽しかったです。また参加したいです。」と、満面の笑みで答えてくださいました。

パパとママの写真講座&スクラップブッキング

パパとママの写真講座&スクラップブッキング

北九州市子ども家庭政策課ブースでは、「パパとママの写真講座&スクラップブッキング」を開催しました。

パパやママが、プロのカメラマンから写真撮影のアドバイスを受けながら、子どもの写真撮影にチャレンジ!

カメラの構え方、光の当て方、カメラの位置、構図などを工夫して、子どもの笑顔が素敵に撮れるテクニックを学びました。

撮った写真は、その場で印刷。お気に入りの1枚をチョイス。その写真に合う、スクラップブッキングの素材セットを1つ選んで、親子でスクラップブッキングを楽しみました。

写真講座とスクラップブッキングは、多くの親子に参加していただき、大盛況となりました。

参加していただいたパパからは、「普段スクラップブッキングをすることがないので、今日体験できて良かったです。また、こういったことをして、子どもと遊んでいきたいです。」や、「クリスマスのいい思い出になりました。」といった感想が聞かれ、満足していただけたようでした。

写真撮影のポイントガイドの画像 写真撮影のポイントガイド

写真講座&スクラップブッキングでも配布した、「写真撮影のポイントガイド」のPDFデータをご用意しました。

このポイントガイドを使って、お子さんの素敵な写真を撮ってくださいね!

■写真撮影のポイントガイド■(PDF形式:4.45MB)

子育てクイズ~イクメンパパの挑戦~、子育て川柳・写真パネル展示

子育てクイズの人だかり

北九州市子ども家庭政策課はほかに、子育てにまつわる「子育てクイズ」と子育て川柳・写真のパネル展示を行いました。

「子育てクイズ」に挑戦すると、おもちゃなどの景品がもらえるとあって、フェスタ開始早々から多くの人が参加してくださいました。

「子育てクイズ」に参加したパパやママからは、「難しい!」や、「意外とできた。」など、様々な声が飛び交っていました。

子育てクイズ問題画面
子育てクイズ

北九州市の子育てにまつわる「子育てクイズ」、あなたも挑戦してみませんか?

■【問題】子育てクイズ■(PDF形式:1.42MB)

■【解説】子育てクイズ■(PDF形式:2.61MB)

イクメンパパにインタビュー

「すくすく子育ちフェスタ」には、多くの素敵なイクメンパパが参加されていました。
そんなイクメンパパたちにインタビューをしました。

Q1 お子さんと、どんな遊びをすることが多いですか?
A  「かるた」や「かくれんぼ」をすることが多いです。
A  なかなか休みがないので、休みの日は、「元気のもり(小倉北区浅野3-8-1 AIMビル3階)」に連れて行って遊んでいます。
A  おうちの中では電車で遊ぶことが多いです。外では、滑り台やサッカーボールで遊んでいます。
A  公園に行って滑り台で遊んでいます。

Q2 普段やっている家事は、どんなことですか?
A  食事の片付けをしたり、トイレ掃除やお風呂掃除をしたりしています。
A  食器洗いや掃除は自分でやるし、子どもともやります。
A  毎日、保育園の送り迎えとお風呂に入れています。
A  食器洗いと洗濯物たたみとお風呂掃除です。米とぎもしています。

Q3 子育てをしていて、よかったなぁと思うことはなんですか?
A  子どもが「パパ~」と言って、駆け寄ってきてくれるところです。
A  仕事で疲れて帰ってきても、子どもが「遊んでほしい」と懐いてきたときは、非常に嬉しいです。
A  物事の人生観が変わりました。
A  仕事に行くときは「いってらっしゃい」と手を振ってくれ、帰ってきたら玄関まで走ってきます。そのときに嬉しくて、元気をもらいます。

最後に・・・
みなさん、本当に素敵なパパたちですね。こんなパパだと、ママも笑顔で夫婦円満!今よりもっと素敵な家族になるでしょう。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

子ども家庭局子ども家庭部総務企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2280 FAX:093-582-0070

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。