ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 子育て > 子育てに関する計画・取組 > 児童虐待事例等検証委員会 > 北九州市児童虐待事例等検討検証委員会について

北九州市児童虐待事例等検討検証委員会について

 北九州市で発生した重大な児童虐待事例等について、事実の把握や発生原因の分析を行い、必要な再発防止策を検討する。
 北九州市社会福祉審議会児童福祉専門分科会をもって検証委員会とし、児童分科会で作業委員を指名し検証を行う。

委員会の役割

  1. 北九州市で発生した重大な児童虐待事例等について、委員会は 関係機関等からの情報を元に関係機関ごとの事情聴取や現地調査などを行い、事実関係を明らかにするとともに、児童虐待事例等の発生原因の分析等を行う。
  2. 調査結果に基づき、児童虐待事例等に対する対応や支援のあり方など、運営面の課題を明らかにし、再発防止のために必要な施策の見直しを検討する。
  3. 検証結果とともに再発防止のための提言をまとめ、市長に報告する。なお、報告を受けた市長は、その報告を公表する。

作業委員名簿

杉原 好則     西南女学院大学教授
宗  稔      北九州市医師会理事
高木 佳世子    福岡県弁護士会北九州部会
平位 和子     北九州市母子寡婦福祉会理事長

このページの作成者

子ども家庭局子ども家庭部子育て支援課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2410 FAX:093-582-5145

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。