ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > ビジネス・産業・まちづくり > 国際ビジネス・物流 > 物流 > 北九州市の物流基盤の紹介

北九州市の物流基盤の紹介

北九州市の物流基盤位置図

充実の道路ネットワーク

北九州市は九州自動車道、東九州自動車道、中国自動車の3つの高速道路のクロスポイントで、九州圏内はもとより、本州(西日本地域)へのアクセスがひときわスムーズ。さらに、北九州都市高速道路が市内を縦横に走っており、これらと港湾、空港などの施設を幹線道路網が結び、効率的な物流を実現しています。

北九州貨物ターミナル駅

九州の拠点貨物駅である北九州貨物ターミナル駅は、福岡、熊本、鹿児島方面と、大分、宮崎方面の分岐点となる好位置にあり、九州~本州間のすべての貨物列車が停車します。

  • 貨車に載っているコンテナを本線上の列車から直接積卸し可能な「E&S方式」を採用。列車の出発直前まで積込みができ、時間的にも余裕が生まれます。
  • 大型海上コンテナ専用ホームを設置。近接する北九州港と連携したシー&レール輸送も行われています。
北九州貨物ターミナル駅
夜間作業

太刀浦コンテナターミナル

ポート門司として知られている、神戸以西では最大級のコンテナターミナルです。先進の情報システムにより、正確・迅速・効率的なコンテナオペレーションを実現。アジア航路を中心に充実した定期便ネットワークを有しています。また、フルコンテナ貨物だけでなく混載貨物についても専用フォワーダーによるきめの細かいサービスを提供しています。
アジアとの近接性と通関の速さを活かした、クイックデリバリサービスも利用できます。

太刀浦コンテナターミナル

ひびきコンテナターミナル

6万t級(オーバーパナマックス級)のコンテナ船も寄港できる、日本海側唯一の大水深港湾(-15m)です。背後に広大な産業用地を擁し、港湾と産業が有機的に結びついた21世紀の新しい国際物流拠点づくりを展開しています。

  • 広大なヤードを活用し、荷主都合に合わせた搬出入が柔軟に行えます。
ひびきコンテナターミナル

新門司フェリーターミナル

関西・関東を結ぶ西日本最大級の内航フェリー基地です。九州自動車道新門司インターチェンジに約3km、都市高速道路に約5kmと恵まれた立地環境にあり、九州・山口地方からの接続にも優れています。隣接する産業用地「マリナクロス新門司」には、トヨタ自動車の自動車物流センターや動物検疫所などの進出が相次いでいます。

新門司フェリーターミナル

小倉フェリーターミナル

新幹線停車駅のJR小倉駅から徒歩約10分。都市直結型の利便性に富んだフェリーターミナルです。四国(松山)へのフェリーが就航しています。

小倉フェリーターミナル

田野浦自動車物流センター

太刀浦コンテナターミナルに近接しており、中古自動車の輸出基地として利用されています。

田野浦自動車物流センター

北九州リサイクルポート

循環資源の受入・積出のための岸壁、臨港道路などが整備されたリサイクルポートの活用により、隣接する北九州エコタウンと一体となった、収集・輸送・処理の総合的な静脈物流ネットワークが構築できます。

北九州空港

大型ジェット機の就航も可能な2500mの滑走路を持ち、税関、出入国管理、検疫の機能を備えた海上空港です。24時間運用の利便性を活かした深夜フレーターが定期運行されています。

  • 東九州自動車道と連絡橋で直結しているため、スピーディにアクセスできます。
  • 絶えず発生する関門海峡の浚渫土砂を利用して比較的浅い海を埋め立てているため、将来的に滑走路の延長が可能です。
北九州空港
深夜貨物専用便

このページの作成者

港湾空港局みなと振興部物流振興課
〒801-8555 北九州市門司区西海岸一丁目2番7号
電話:093-321-5941 FAX:093-321-5936

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

国際ビジネス・物流

  • 組織から探す
  • 区役所
  • 施設
  • 市政・区政相談
  • 市政・区政提案箱
  • 北九州市コールセンター 093-671-8181 年中無休 8時から21時