ページトップ

小倉南区

花と緑と自然に彩られた交通要衝の地 小倉南区

 小倉南区は、日本有数のカルスト台地・平尾台や、日本有数の面積を誇る合馬の竹林、菅生の滝など、雄大な自然に囲まれた市内最大の区です。農林水産業も盛んで、タケノコ、小倉牛、大葉春菊、豊前海一粒かきなどが有名です。また、新北九州空港や東九州自動車道などの事業が進行中で、東九州の発展を担う地区として期待されています。

小倉南区:平尾台の写真

平尾台自然観察センター

平尾台の歴史や動植物、散策のマナーなどを展示物や大画面のハイビジョン映像により学ぶことができます。

平尾台自然の郷(さと)

 日本有数のカルスト台地「平尾台」で、自然と親しみ、憩い、遊び、体験できる公園です。そば打ち体験や陶芸・木彫りなどの体験ができる「工房」。雄大なカルスト台地を一望できる「展望の丘」。野外ステージがあり、ゆっくりとくつろぐことができる「芝生広場」。ブルーベリーやラズベリーなどの摘み取りができる「果樹園」。そのほかにもレストラン・ショップなど魅力あふれる施設が盛りだくさんです。

▲平尾台 ”羊群原”

平尾台といえば、広大な草原に散在するピナクル(石灰柱)。白いその石が羊が群れているように見えることから「羊群原」と呼ばれています。

千仏鍾乳洞

平尾台にある国指定天然記念物の鍾乳洞で、四季を通じて気温16℃、水温14℃。洞内は最高6m、最広幅15m、長さは数千m。大小30個の鍾乳石が下がり、足元には小川が流れています。平尾台にはほかにも牡鹿洞、目白洞などの鍾乳洞もあります。

千仏鍾乳洞の写真

菅生の滝

紫川の上流、道原の国有林内にある滝です。一ノ滝から三ノ滝まで3段に分かれ、特に一ノ滝は最も高く落差が30mあります。春の桜、夏の緑陰、秋の紅葉と四季の自然を満喫できます。滝のしぶきで女性の化粧が落ちて素顔になったことから、この名がついたともいわれています。

菅生の滝の写真

合馬竹林公園

日本有数の竹林面積を誇るユニークな竹のテーマパークです。国産、中国産の竹や笹など約150種を集めた見本園は、スロープがあり、車いす使用の人も散策を楽しむことができます。また竹細工や工芸品を紹介する展示館には竹を使った珍しい蓄音機をはじめ、竹製の農具や生活用具などを展示しています。

合馬竹林公園の写真

横代神楽

横代神楽は毎年10月8日、高倉八幡神社の秋季大祭に奉納されています。1617年(元和3年)、豊前地方に風水害や干ばつが続き、細川氏が領内の社寺に祈祷を命じました。その際、横代村では高倉八幡神社へ神楽を奉納したのが横代神楽の始まりといわれています。明治初期、神官による神楽は途絶えましたが、上横代地区の住人が京都郡系の神楽の芸態を習得し、今に伝承してきました。1968年(昭和43年)に県無形民俗文化財に指定。「みさぎ」「剣の舞」「岩戸開き」など十七種目が演じられます。

横代神楽の写真

このページの作成者

広報室広報課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2236 FAX:093-582-2243

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。