ページトップ

若松区

人気集める海と山。豊かな自然と新事業が共生するまち 若松区

 若松区には玄海国定公園内に位置する若松北海岸や響灘緑地など美しい自然が多く残っています。作家・火野葦平が活躍した地でもあり、彼の足跡を文学碑や河伯洞、火野葦平資料館でしのぶことができます。また、広大な響灘の埋め立て地では「北九州エコタウン事業」「響灘環黄海圏ハブポート構想」、西部地区では「北九州学術研究都市」などの事業が進んでいます。

若松区の紹介:北海岸~遠見ケ鼻灯台の写真

若松北海岸

 玄海国定公園は、若松区大字安屋から始まり、博多湾、唐津湾を経て東松浦の海岸まで続く絶勝の地。脇田から岩屋までの10km余りは、この国定公園の玄関口といったところです。グリーンパークにほど近い「脇田海水浴場」、干潮時に板状の岩盤を見せる「千畳敷」、夕日の名所として知られる「遠見ケ鼻」、長い海岸線をもつ「岩屋海水浴場」など遊び所十分。海水浴、釣り、マリンスポーツなどを楽しむ人たちでにぎわっています。

若戸大橋

洞海湾をまたぐあざやかな赤い橋は、4年6か月の工期をかけ昭和37年に完成しました。

旧古河鉱業若松ビル

レンガ造りのひときわ目立つこのビルは、1919年(大正8年)に建築され、現在若松に残された近代建築の中では最も華やかな外観を持っています。夜はライトアップされており、若松南海岸通りのシンボル的存在です。

旧古河鉱業若松ビルの写真

脇田海釣り桟橋

雄大な響灘に向かって延びる全長500mの脇田海釣り桟橋は、九州最大級の規模の釣り施設として、ファミリーから本格派の釣りファンまで、幅広く釣りを楽しむことができます。360度のパノラマ休憩所、障害者用トイレなども備え、釣りをしない人でもゆっくりと沖合いの景色を眺めながら、桟橋での海上散歩を楽しめます。

脇田海釣り桟橋の写真

火野葦平旧居「河伯洞」

若松が生んだ芥川賞作家・火野葦平の旧居で、昭和15年から35年に亡くなるまでの大半を過ごしました。建物は、葦平の出征中に「麦と兵隊」の印税で父・金五郎が建てたもので、葦平は戦地での戦友たちの苦労への思いから、このことを負担に感じていたといいます。平成8年10月、遺族から北九州市へ寄贈され、平成9年市指定文化財に指定されました。

火野葦平旧居「河伯洞」の写真
火野葦平資料館内部の写真
火野葦平の写真

水切りトマト

若松区で作られている「水切りトマト」は、水分を極限まで控えて栽培する、こだわりのトマトです。果物のような強い甘味と凝縮された旨味で喜ばれています。

水切りトマトの写真

響灘緑地「グリーンパーク」

頓田貯水池を中心に広大な緑地が広がる響灘緑地「グリーンパーク」(196ha)は、変化に富んだ自然が広がる市内最大の公園です。貯水池の周辺には、サイクリングターミナルや玄海青年の家、おひさまの家、休憩舎なども整備しています。また、有料公園区域内には大芝生広場をはじめ、熱帯生態園、ひびき動物ワールド、ひびきタワーなどがあります。

響灘緑地「グリーンパーク」の写真

響灘地区風力発電

北九州市が保有する響灘地区の緑地予定地(延長2,500m、幅40m)に風力発電機を10基(1基あたり1,500kw)が建設されました。年間の発電量は、約3,500万kw時と想定され、これは約10,000世帯分の年間使用電気量に相当し、環境面にも大きく貢献します。

響灘地区風力発電機の写真

フィッシャーマンズワーフ「汐入の里」

今春、ひびき海の公園に完成した「フィッシャーマンズワーフ」は、地元の海産物や農産物を直売する物産館やレストラン、コミュニティーホールなど5棟からなる施設です。

フィッシャーマンズワーフ「汐入の里」の写真

五平太ばやし

かつて石炭積出し港として隆盛を極めた若松。数多くの五平太船の船頭衆が船縁をたたきはやしながら、はやり唄や民謡を口ずさんだのが五平太ばやしの始まりです。鉄道の普及で船頭たちも消えてしまいましたが、川筋男の心意気は五平太ばやしの甲高い木樽の音や、軽快なリズムの中に今も息づいています。現在は毎年7月の若松みなと祭りで、各チームがそれぞれの衣装で五平太船を押し、太鼓を打ち鳴らし踊りながらまちを練り歩いています。

五平太ばやしの写真

このページの作成者

広報室広報課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2236 FAX:093-582-2243

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。