ページトップ

障害者差別解消法に関する職員研修について

 北九州市営バスでは、年間数回に分けて、運転者を含む職員研修を実施しています。

 今回は、平成28年4月に施行された“障害者差別解消法”をテーマに研修を実施しました。

 生活に身近な公共交通であるバスを運行・運営するうえで、こころのバリアフリーを感じとる内容で、北九州市障害福祉団体連絡協議会様のご協力を得て、約200名の職員に対して、合計8回の研修を行いました。

 研修では、障害という個性を持った方々に対して、決まった対応をするのではなく、個性に合わせた対応をすることで、社会的障壁を低くすることを学びました。

 これからも市民の幸せを運ぶバスを目指して、職員一同、努力を続けてまいります。

障害者差別解消法リーフレット
障害者差別解消法研修画像
研修風景

このページの作成者

交通局総務経営課
〒808-0017 北九州市若松区東小石町3番1号
電話:093-771-8401 FAX:093-771-8422

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。