ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > 施設 > 図書館・視聴覚センター > 子どものページ > 08.この本を読んでみよう

08.この本を読んでみよう

1.かりる人が多い本

本を持って、「面白いよ!」と言う男の子

人気があって、多くの子どもたち貸出(かしだし)(かりていくこと)したり 予約(よやく)(かりたいとつたえること)したりしている本の中から、さがしてみましょう。

下の「 この三()月間で貸出や予約が多い本 」をクリック(()すこと)すると、分かりますよ。

   この三ヶ月間で貸出や予約が多い本 (※外部リンクです)

2.新しくとどいた本

イラスト(新着図書の掲示を見る子どもたち)

このごろ市立図書(かん)新しくとどいたの中から、さがしてみましょう。

下の「 この一(か )月間に新しくとどいた本 」をクリック((お )すこと)すると、分かりますよ。

   この一ヶ月間に新しくとどいた本(※外部リンクです)

3.図書館からおすすめの本

制服姿の中学生男女

 

  二( に)学期(がっき)になりました。(すず)しく()ごしやすくなって、スポーツ、芸術(げいじゅつ)勉強(べんきょう)などの活動(かつどう)集中(しゅうちゅう)しやすくなってきました。読書(どくしょ)にも(てき)した季節(きせつ)になりました。

  また、(あき)(みの)りの季節(きせつ)でもあります。(ほん)()んで、こころに栄養(えいよう)をたくわえ、(みの)(おお)(あき)にしてほしいと(おも)います。

 

 

本を持った女の子
本を持った男の子

(ほん)表紙(ひょうし)写真(しゃしん)は、それぞれの出版社(しゅっぱんしゃ)から許可(きょか)(ゆるし)をもらって()せています。

◎これまでにおすすめした(ほん)()りたい(ひと)
   「これまでのおすすめ
(ぼん)」と()いてある(ところ)を、クリック(()す)してください。
     ・P(ピー)D(ディー)F(エフ)形式(けいしき)()いています。 もし画面(がめん)()てこない(とき)
      「中学生(ちゅうがくせい)高校生(こうこうせい)へのおすすめ(ぼん)」の(うし)ろにあるソフトウェアを()れてと 
       家族(かぞく)先生(せんせい)(など)大人(おとな)(ひと)()(ねが)い してみましょう。

(1)小学校の低学年(1年生や2年生)に

「モミジのつばさ 花のたね・木の実のちえ3」の表紙 モミジのつばさ
花のたね・木の実のちえ3

【モミジのつばさ 花のたね・木の実のちえ3】

監修(かんしゅう)多田(ただ) 多恵子(たえこ)  (偕成社(かいせいしゃ)

 (なつ)、みどりいろの すずしげな()で日かげをつくっていたモミジ。(とり)のはねのようなかたちの()がついていました。(あき)になって まっかに いろづいたモミジをよく()ると、()は すっかりじゅくして いました。たねは、(あき)のつよい(かぜ)にのってとばされていきます。

    

【とっておきの標語(ひょうご)

(さく)村上(むらかみ) しいこ  <()市居(いちい) みか (PHP研究所(けんきゅうしょ)

 「標語(ひょうご)って、なに?」そう(おも)った(ひと)もいることでしょう。先生(せんせい)によれば「どうしたら、みんな たのしく生活(せいかつ)できるか みじかいことばでつたえる。」ことだそうです。つよしは、けんかをしているともだちが なかなおりできる標語(ひょうご)(つく)ろうとするのですが…。

   

日本(にほん)のむかしばなし】

<文>瀬田(せた) 貞二(ていじ)  <()瀬川(せがわ) 康男(やすお)梶山(かじやま) 俊夫(としお)  (のら書店(しょてん)

 ある日、じいさんが山へしばかりにいくと、(もり)のあき()で、ねずみがすもうをとっていました。じいさんのいえのねずみは、やせていて、なげられてばかりです(ねずみのすもう)。このほかにも、13の(たの)しい(はなし)がのっています。

(2)小学校の中学年(3年生や4年生)に

「おそうじをおぼえたがらないリスのゲルランゲ」 の表紙 おそうじをおぼえたがらないリスのゲルランゲ

【おそうじをおぼえたがらないリスのゲルランゲ】

<作>ジャンヌ・ロッシュ=マゾン  <(やく)山口(やまぐち) 智子(ともこ)  <()堀内(ほりうち) 誠一(せいいち)  (福音館(ふくいんかん)書店(しょてん)

 ブナ林の中にすむ子リスのきょうだい。一番小さなゲルランゲは、元気でひょうきんですばしこい子でした。でも、おそうじは、すきではありません。じぶんの(ばん)になってもしません。おばあさんにしかられると、意地(いじ)をはり、(いえ)をでていってしまいました。 

   

夜明(よあ)けの落語(らくご)

<作>みうら かれん  <絵>大島 妙子  (講談社)

 小学校四年生のあかねが何よりこわがっているもの・・・それは、スピーチです。あかねは人前でしゃべるのが、何より苦手(にがて)なのです。それなのに、明日は日直(にっちょく)なので五分間スピーチをしなければなりません。

     

【おーい ぽぽんた】

<編集委員>茨木(いばらぎ) のり子、大岡(おおおか) (まこと)川崎(かわさき) (ひろし)岸田(きしだ) 衿子(えりこ)谷川(たにかわ) 俊太郎(しゅんたろう)  <()柚木(ゆのき) 沙弥郎(さみろう)  (福音館(ふくいんかん)書店(しょてん)

 「まえがき」に「私たちの国の詩一六六(へん)がのっています」とあります。この本の中で、昔から現代まで、(すぐ)れた日本語の表現(ひょうげん)の数々に出会うことができます。ぜひ声に出して、日本語の(ひび)きを楽しんでください。

(3)小学校の高学年(5年生や6年生)に

「竹取物語」の表紙 竹取物語

【竹取物語】

<文>江國(えくに) 香織(かおり)  <()立原(たちはら) ()(ぬき)  (新潮社)

 月にちなんだ「かぐや姫」の話です。この話は成立年も作者もわかりませんが、日本最古の物語だろうといわれています。夢があり、ユーモアもあり、優雅(ゆうが)で、斬新(ざんしん)です。立原(たちはら)()(ぬき)の絵は浮世絵と同じ技法で()かれたそうです。

精霊(せいれい)()(びと)

<作>上橋(うえはし) 菜穂子(なほこ)  <絵>二木(ふたき) ()希子(きこ)  (偕成社)

 バルサは、人の命を助けることを生業(なりわい)としています。偶然、新ヨゴ皇国(おうこく)皇子(おうじ)チャグムを助けたことがきっかけで、「この子をすくって、この子にしあわせな一生をあげてください。」という二ノ(きさき)の願いを聞き入れ、チャグムの用心棒となります。

【チームふたり】

<作>吉野(よしの) ()理子(りこ)  <()宮尾(みやお) 和孝(かずたか)  (学研)

 大地( だいち)卓球(たっきゅう)に打ち込む小学校6年生です。11月に行われる市大会が引退(いんたい)試合になります。大地(だいち)は6年生の(まこと)と組みたいと思っていたのですが、先生が発表した大地のパートナーは5年生の(じゅん)でした。

(4)中学生や高校生に

「鉄のしぶきがはねる」の表紙 鉄のしぶきがはねる

【鉄のしぶきがはねる】

<著>まはら ()()  (講談社)

 日本は「科学技術立国」といわれています。それを支えているのは「ものづくり」だともいわれています。「ものづくりコンテスト」に向けて、ものづくりに打ち込む女子高生の姿には、「ものづくりのまち北九州市」への著者の思いが込められているようです。

   

【ボクの音楽武者修行】

<著>小澤(おざわ) (せい)()  (新潮社)

 「世界のオザワ」と称される指揮者、小澤征爾。実力だけが問われる音楽という競争社会の中で、しかも言葉もままならないヨーロッパで、自分を見失わずに学んでいきます。著者の音楽への情熱、そして人への愛情が伝わります。

  

【ペンギンが教えてくれた物理のはなし】

<著>渡辺(わたなべ) 祐基(ゆうき)  (河出(かわで)書房新社)

 「動物はどこに何しに行くの?」というシンプルな疑問。著者はバイオロギングという手法を用いて獲得したデータを、物理学によって解き明かしていき、動物の動きの本質を示そうとしています。

「ボクの音楽武者修行」の表紙
ボクの音楽武者修行
「ペンギンが教えてくれた物理のはなし」の表紙
ペンギンが教えてくれた物理のはなし

PDF(ピーディエフ)形式(けいしき)()るために(した)のソフトウェアをダウンロードする(とき)は、
           自分(じぶん)でせずに、家族(かぞく)先生(せんせい)(など)大人(おとな)()にお(ねが)いしましょう。     

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

教育委員会中央図書館庶務課
〒803-0813 北九州市小倉北区城内4番1号
電話:093-571-1481 FAX:093-571-1484

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。