ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > 施設 > 図書館・視聴覚センター > 子どものページ > 09.「子ども司書」だより

09.「子ども司書」だより

1.「子ども司書」って なあに

おすすめの本を持った女の子

〇 「本や図書(かん)のことをくわしく知っている 」 という資格(しかく )をもつ専門家せんもんかのことを司書ししょと言います。

〇 北九しゅう市立中おう図書では、平成へいせい23年から「北九州市子ども司書養成ようせいそだてること)しています。

  • 「北九州市子ども司書」 は、友だちや家ぞくに読書の楽しさを広める 『読書のリーダー』 です。だから、それぞれの学校や家でかつやく(()い活(どう))をすることが、期待(きたい )(ねがう)されています。 
  • 図書館を上手(じょうず)()用できる 『 図書館の達人(たつじん)大変(たいへん)じょうずな人) 』で、これまでに小学生273名と中学生88名が、認定(にんてい)(みとめられること)されました。
講座が終わって、認定証を受け取る「子ども司書」
認定証を受け取る「子ども司書」

2.「子ども司書」になるには

〇 「子ども司書(ししょ)養成(ようせい)する(そだてる)ための講座(こうざ)勉強会(べんきょうかい))」()けた人が、「子ども司書」になります。

〇 平成29年度の「北九州市子ども司書養成講座」は、下のように実施(じっし)しました。

  •  中(おう)図書(かん )八幡西(やはたにし)図書館、戸畑とばた)図書館を使って、7月と8月に5回シリーズで行いました。
  •  小学生(5年生、6年生)と、中学生(1年生、2年生)が参加(さんか)しました。
  •  たくさんの実習(じっしゅう))ほんとうにやってみる)をして、学びました。
  •  ビブリオバトルやブックトーク、()()かせなど、読書(どくしょ)(たの)しさを(つた)える手法(しゅほう)を学びました。
29年度のプログラム
7月15日 開校式(かいこうしき)((はじ)まりの式)
図書館の役割やくわりについて知ろう。図書館での本のさがし方について知ろう。
7月22日 ビブリオバトルやブックトークの方法(ほうほう)(まな)ぼう。
本の紹介しょうかいカードを作ろう。
7月29日 図書館を見学(見て(まわ)ること)しよう。
司書の体験たいけん(やってみること)をしよう。
8月 5日 読み聞かせの基本(きほん)(もとになる大事(だいじ)なもの)を学ぼう。
8月19日 読みかせをやってみよう、聞いてみよう。
閉講式へいこうしきわりの式)
窓口で司書体験をしている様子
窓口で司書体験をする実習
図書館を見学している様子
図書館を見学する実習
読み聞かせをする実習をしている様子
読み聞かせをする実習

このページの作成者

教育委員会中央図書館庶務課
〒803-0813 北九州市小倉北区城内4番1号
電話:093-571-1481 FAX:093-571-1484

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。