ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 小・中・特別支援学校 > のびのびフレンドリースクール(小規模校特別転入学制度)

のびのびフレンドリースクール(小規模校特別転入学制度)

 北九州市教育委員会では、子どもたちの「生きる力をはぐくむ」事業の一環として、「のびのびフレンドリースクール(小規模校特別転入学制度)」を実施しています。
 この制度は、学校選択の機会提供のひとつとして、自然環境に恵まれた郊外の小規模な小学校に、通学区域を越えて転入学することを認めるものです。
 現在、この制度を利用して門司区の「柄杓田小学校」、小倉南区の「合馬小学校」、八幡東区の「河内小学校」の3校に、児童が就学しています。いずれの学校もPTAや地域の方々の学校への協力体制が整っており、特色ある教育活動が展開されています。

制度の目的

 本市の郊外に位置し、自然環境に恵まれた小規模な小学校で就学することにより、市街地に居住する児童と郊外に居住する児童が交流する中で、自然を愛する心、他人を思いやる心などの豊かな人間性を培い、健康・体力の増進を図るとともに、自ら学び・考え・行動する確かな学力を身に付けることを目的としています。

対象となる学校(小規模特認校)

 この制度を利用して就学することができるのは次の3つの小学校です。中学校はありません。

学校名 定員 所在地・
電話番号
主な公共
交通機関
周辺の環境
柄杓田小学校(外部リンク) 10人程度 〒801-0813
門司区大字柄杓田1002番地の1
093-341-8734
西鉄バス 柄杓田小学校は、門司区の東部に位置し、東側が周防灘に面し、三方を山に囲まれています。早春にはウグイスの声が響き渡り、初夏からはアカテガニが校庭を歩き、徒歩5分の漁港にはコウイカが産卵に訪れるなど、自然の豊かな場所です。
合馬小学校(外部リンク) 30人程度 〒803-0261
小倉南区大字合馬304番地
093-451-1011
おでかけ交通
小倉南区合馬・道原地区

合馬小学校は、小倉南区の南西部の谷あいの合馬川沿いに位置します。山には竹林を中心に雑木林が続き、川にはサワガニやホタルなどが多く生息しています。初春には、梅が一斉にほころび、ウグイスの鳴き声が響き渡る観光名所のひとつとなっています。

河内小学校(外部リンク) 10人程度 〒805-0045
八幡東区河内一丁目7番2号
093-651-1982 
おでかけ交通
八幡東区田代・河内地区
河内小学校は、八幡東区の市街地から南へ6キロ離れた河内貯水池のそばに位置します。周囲を山や水田に囲まれ、多くの昆虫や野鳥が生息し、野草や樹林、竹林が緑豊かに茂り、生きた教材の宝庫になっています。初夏には、ホタルが舞う市民憩いの場です。
平成27年5月1日現在 1年 2年 3年 4年 5年 6年 合計
柄杓田小学校 学級数 1 1 1 1 4
児童数 3 6 3 3 4 3 22
うち制度利用児童数 2 2 2 3 2 1 12
合馬小学校 学級数 1 1 1 1 1 1 6
児童数 7 8 10 12 11 9 57
うち制度利用児童数 4 6 3 4 5 3 25
河内小学校 学級数 1 1 1 3
児童数 2 5 3 5 4 5 24
うち制度利用児童数 2 4 2 3 4 4 19

制度の考え方と転入学の条件

 保護者の希望があり、かつ教育的な効果が期待できる場合に、通学状況や生活指導面などに十分に配慮をした上で、小規模特認校に限り、転入学を認めます。
 転入学が認められるには、次の就学条件をすべて満たす必要があります。

(1) 転入学日(平成28年4月1日)現在、児童及び保護者がともに北九州市内に居住していること。

(2) 保護者が、就学を希望する小規模特認校の教育活動やPTA活動に賛同・協力すること。

(3) 原則として公共交通機関を利用して、自力でおおむね1時間以内で通学できること。

(4) 保護者の責任と負担において通学すること。
   ※通学に関する交通費の補助はなく、すべて保護者負担となります。

(5) 平成28年4月1日から平成29年3月31日まで通年通学すること。
   ※途中転入や短期間の転入は認められません。

  転入学許可期間は1年間です。制度を継続利用する場合でも申請等の手続きが必要です。

募集及び手続き

募集期間 

 平成27年10月30日(金曜日)から平成27年12月11日(金曜日)まで
 ※ただし、小学校の休校日、区役所の閉庁日は、申込書の受取、提出ができません。

募集要項及び申込書

 こちらからダウンロードできます。申込書は、両面コピーして使用して下さい。

 ■募集要項(PDF形式:31.5KB)

 ■申込書(PDF形式:32.0KB)

 なお、各幼稚園・保育所(園)・小学校、各区役所保健福祉課「子ども・家庭相談コーナー」でも配布します。

申し込み方法

(1)在学児童(平成28年4月1日現在の小学2年生から6年生まで)の場合

 所定の申込書を、現在在籍している小学校の担任の先生を通じて学校長に提出してください。

(2)新入学児童(平成28年4月1日現在の小学新1年生)の場合

 所定の申込書を、現在の住所地の区役所保健福祉課「子ども・家庭相談コーナー」に提出してください。

保護者・児童面談

 転入学希望校において15分間程度の面談を実施します。内容は、制度の趣旨説明や保護者や児童の方からの意見の聴取などです。

面談予定日 面談予定時間
平成28年1月上旬 おおむね午後4時から午後7時までの間で15分程度

 ※面談日時については、後日電話で打ち合わせます。

転入学の決定

 面談を実施後、教育委員会が転入学の可否を判断し、各保護者あてに通知します。なお、次の点についてあらかじめご了承ください。

(1) 定員を超える申し込みあった場合は、転入学が認められないことがあります。

(2) 通学における児童の身体的負担が大きいと思われる場合は、必要に応じて公立病院の医師の診断書の提示を求めることがあります。診断書を提出いただけない場合や診断書の内容から教育委員会が通学困難と判断した場合は、転入学が認められません。

(3) 教育委員会が、教育的な効果を得ることが困難と判断した場合や生活指導面での特別な配慮が必要と判断した場合は、転入学が認められません。

(4) その他、教育委員会が就学を不適当と判断した場合は、転入学が認められません。

(5) 転入学を許可した後に、「申告内容と実態が異なる場合」又は、「この制度の目的に合わない事由が生じたと認められた場合」は、転入学を取り消すことがあります。

指定校変更手続き

 転入学の決定通知がお手元に届きましたら、住所地の区役所保健福祉課「子ども・家庭相談コーナー」で、指定校変更の手続きを行ってください。

学校見学

 募集期間中の平成27年10月30日(金曜日)から平成27年12月11日(金曜日)までの間で、学校見学をすることができます。事前に電話申し込みが必要です。転入学希望校に、各自直接連絡し、日時を打ち合わせしてください。

転入学日等 

 (1) 転入学日:平成28年4月1日(金曜日)

 (2) 始業式:平成28年4月7日(木曜日)

 (3) 入学式:平成28年4月12日(火曜日)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

教育委員会総務部企画調整課
〒803-8510 北九州市小倉北区大手町1番1号
電話:093-582-2357 FAX:093-581-5871

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。