ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > 門司区 > 区のみどころ > 区の行事・まつり > 「新門司彩発見!バスツアー2018春」の参加者を募集します!(終了しました)

「新門司彩発見!バスツアー2018春」の参加者を募集します!(終了しました)

開催概要

チラシ表面の画像
チラシ表(イメージ)

新門司地区には、美しい景観や、自然が育む豊かな食材、由緒ある史跡や伝統文化、全国有数の規模を誇るフェリーターミナルなど魅力がいっぱい!

そんな新門司地区の彩りあふれた魅力を訪ねる「新門司 彩 発見!」。
春の新門司を巡るバスツアーを企画しました。

今回は、地元の老舗百貨店社長の邸宅で江戸時代の建物も残る「吉志学舎」、岬で13年間火を焚き続けた僧「清虚」の像、窯元や製塩工場などを巡ります。昼食はバーべキューです。

【イベント企画】門司区役所
【旅行企画・実施】東武トップツアーズ株式会社

※参加には申込及び旅行代金が必要です。詳しくは申込方法の欄及び下部のチラシのPDFデータをご覧ください。

日時・行程・旅行代金・注意事項・申込方法

日時

平成30年3月17日(土曜日) JR門司港駅前に9時集合、同所にて15時解散予定

行程(コース)

  JR門司港駅集合(9時)
 →吉志学舎見学
 →濱田窯見学
 →部埼灯台建設の礎となった僧「清虚」ゆかりの地
 →シートレビアン(昼食=バーベキュー)
 →ヤロン白野江製塩工場
 →JR門司港駅(15時解散予定)

※天候や交通事情等やむを得ない事情により、行程の一部を変更、または中止することがあります。

旅行代金

旅行代金 2,000円(小学生以上1名様当たり→昼食代及び保険代として)

※小学生未満のお子様はお申込みいただけません。

申込方法

下記にて電話受付をいたします(申込期限:3月9日(金曜日)まで)

80名先着での受付となります。(最少催行人員60名)
※申込に際しては、下部のチラシのPDFデータの内容もご確認ください。
※受付時及びその後に送付する案内書にて詳細をお知らせします。

【申込・お問合せ】

093-321-4002【東武トップツアーズ株式会社 関門支店】

見どころ1(僧清虚の像)

 天保7年(1836年)大分県国見町出身の僧「清虚」は、高野山へ修行に向かう船中、部埼周辺の海が暗礁が多く航海の難所となっていることを知り、「何とか多くの命を救おう」と、下船してこの地で船の道標となる火を焚き続けることを決意しました。清虚は74歳で亡くなるまでの13年間、読経とともに火を焚き続け、その後、部埼灯台が建設されるまで、清虚の偉業は村人により引き継がれました。

僧清虚像の画像
僧清虚の像(周防灘を見つめ航海の安全を見守っています)

見どころ2(吉志学舎)

 地元の老舗百貨店社長の邸宅であった建物が、文学団体代表の方により、市民の文化交流の場として整備され、一般に開放されています。建物の一部は江戸時代・慶応年間のものです。

吉志学舎の画像
広大な敷地です
吉志学舎の画像
正面入口

「新門司彩発見2018春」バスツアーチラシ

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

門司区役所総務企画課
〒801-8510 北九州市門司区清滝一丁目1番1号
電話:093-331-0039 FAX:093-331-1805

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。