ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > 門司区 > 区のみどころ > 観光・歴史・文化 > 美味しい!門司のグルメ

美味しい!門司のグルメ

門司港発祥 焼きカレー

焼きカレー

トロトロチーズとカレーの風味がたまらない

貿易港として栄えた門司港には多くの洋食屋がありました。昭和30年代、とある喫茶店で余ったカレーをグラタン風に焼いたところおいしく仕上がったので、メニューとして出すようになり、広く浸透したといわれています。ご飯やバターライスの上にカレーをかけ、その上に卵やチーズをトッピングしてオーブンで焼いています。とろけるチーズや半熟の卵がまろやかなカレーに絡まり、おいしさを一層引き立てます。

ちゃんら~

ちゃんら~

あっさりスープでどこか懐かしい味

門司港の一部エリアで戦後間もない頃から愛されてきた庶民の味「ちゃんら~」。うどんの和風ダシにチャンポン麺を入れ、もやしなどをトッピングしたもので、門司港では現在も十数軒の食堂やレストランなどで食べられます。

豊前海一粒かき

豊前海一粒かき

一粒一粒丁寧に磨きあげた

関門海峡の東側にある豊前海。この海域の特色を活かし門司区恒見地区で始められたのが、かきの養殖でした。身入りがよく粒が大きいのが特長。一粒一粒ていねいに汚れをおとし磨きあげられることから「豊前海一粒かき」と呼ばれています。紫外線殺菌された海水で一晩浄化してから出荷。炭火で殻ごと焼く網焼きや蒸し、フライなどで楽しむのがお勧めです。シーズンは11月~3月頃。

河豚(ふぐ)

ふぐ

福を呼び寄せる魚

関門のふぐは、福を呼び寄せるということで「ふく」と呼ぶ地方もあります。戦前戦後を通じ門司区清滝に関門料理「岩井」という調理師紹介所がありました。ここに全国から一流の調理師が集まり、腕をみがきました。ふぐ料理はこの岩井から全国的に拡がったといわれています。そのため門司にはふぐを取扱う料理店が多くあり、その店ならではのオリジナル料理も格安で味わえます。

豊前本ガニ

渡りカニ

広い周防灘を活発に泳ぎ回る

甲羅が横に長く、ヒシ形をしているのが特徴のワタリガニ(ガザミ)です。7~9月は大ぶりで身の詰まったオスがお勧め。11月~12月のメスもたっぷりと卵巣をつけ一味違った美味しさがあります。主に新門司などで水揚げされています。
 

関門海峡たこ

ざるに乗っている関門海峡たこの画像
関門海峡たこ

引き締まった身がうまい!

関門海峡の速い潮流にもまれて育ったおいしい「たこ」。潮に流されないように岩にしがみつくため足が太く、短く、吸盤が足の先までついています。たこ壷漁によって漁獲されるため、タコに傷がつかず新鮮さが保たれます。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

門司区役所総務企画課
〒801-8510 北九州市門司区清滝一丁目1番1号
電話:093-331-0039 FAX:093-331-1805

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。