ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > 門司区 > 区のみどころ > 区の行事・まつり > 「新門司彩発見!2017秋」ウォーキングの参加者を募集<定員に達しました。ありがとうございました>

「新門司彩発見!2017秋」ウォーキングの参加者を募集<定員に達しました。ありがとうございました>

 新門司地区には、美しい景観や自然が育む豊かな食材、由緒ある史跡や伝統文化など魅力がいっぱい。そんな新門司地区の彩りあふれる魅力をたずねる「新門司彩発見」。今回は、松ヶ江地区の様々な魅力をたずねて歩きます。松ヶ江地区は、近年では新興住宅地が開発される一方で、山と緑に囲まれた緑豊かな環境に恵まれ、古くは農業の盛んな地域として発展しました。その他、交通・物流の拠点として、フェリーターミナルが整備されており、栄養豊富な「豊前海一粒かき」は、本市を代表する食材の一つです。

※ご参加いただくには申込みが必要です。詳しくは申込方法の欄及びページ下部のチラシのPDFデータをご覧ください。

開催概要

◆開催日 

平成29年11月4日(土曜日)

◆集合

午前8時45分~9時に「新門司温水プール」(門司区新門司三丁目5番)または、8時にJR門司駅北口(海側)に集合してください。

 ※JR門司港駅ではありませんので注意してください。

◆行程(コース)

 JR門司駅集合(駅集合の方のみ)

  ⇒新門司温水プール(受付・準備体操等)

  ⇒恒見八幡宮

  ⇒吉志天疫神社

  ⇒吉志学舎

  ⇒吉志すまいる公園

  ⇒龍福山・玉泉寺

  ⇒石原宗祐の墓

  ⇒厳島神社

  ⇒猿喰新田汐抜き穴(北九州市指定史跡)

  ⇒新門司海浜緑地(地蔵面)

 ※天候や交通事情等やむを得ない事情により、行程を変更する場合があります。

◆解散

14時50分頃、新門司海浜緑地で解散となります。

 ※解散後、「新門司温水プール」(15時05分頃到着予定)経由、JR門司駅(15時25分頃到着予定)行きの無料バスをご利用いただけます。

参加料

参加無料です。

※昼食用のお弁当等、飲み物、雨具、防寒具等は各自でご用意ください。

申込方法

10月3日(火曜日)から下記にて電話受付を行っています。

◇定員は先着50名です。

◇小学生以下は保護者同伴でお申込みください。

◇電話受付は平日の8時30分~17時15分までです。

申込及び問い合わせ先

門司区役所総務企画課 ウォーキング係  (直通電話)331-2252 まで

以下に、今回のコースの見どころを紹介しますのでご覧ください。

見どころ1(吉志学舎)

 地元の老舗百貨店社長の邸宅であった建物が、文学団体代表の方により、市民の文化交流の場として整備され、一般に開放されています。建物の一部は江戸時代・慶応年間のものです。

吉志学舎の写真
広大な敷地です
吉志学舎の写真
正面入口

見どころ2(吉志すまいる公園)

 大正10年(1921年)、公園付近でサイの化石(マツガエサイ)が日本で初めて発見されました。公園内には、そのことを記す説明看板があります。

吉志すまいる公園の写真
吉志すまいる公園
マツガエサイ」の化石発見のことを記した画像
「マツガエサイ」の化石発見のことを記しています

見どころ3(玉泉寺)

 文明年間(1480年頃)に能山聚藝禅師が、諸国巡錫の途中に立ち寄り、仏法にふさわしい寺院として創建しました。節分の豆まきの発祥とされる「せっぷん」という昔話が残ります。

玉泉寺の写真
節分の豆まき発祥として伝わるお寺です

見どころ4(石原宗祐の墓・猿喰新田汐抜き穴)

 自らの私財を投じて、猿喰・曽根干拓事業を成し遂げた大里村の庄屋・石原宗祐は、文化三年(1806年)、96歳で亡くなりました。生前の自身の希望により、猿喰の地に葬られた宗祐は、今も石原家敷地内の墓に眠っています。汐抜き穴は、石原宗祐によって行われた、猿喰湾の干拓事業に伴って、海水を新田から海に排水するために掘られた樋門です。設置された4ヵ所の内、2ヵ所が現在も残っており、平成15年3月、市の史跡として指定されました。

石原宗祐の墓の写真
石原宗祐は今も猿喰の地に眠っています
猿喰新田汐抜き穴の写真
汐抜き穴⇒飢饉から人々を救った宗祐渾身の大事業です。

「新門司彩発見2017秋」チラシ

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

門司区役所総務企画課
〒801-8510 北九州市門司区清滝一丁目1番1号
電話:093-331-0039 FAX:093-331-1805

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。